【映画】 フー・アム・アイ?

変換 ~ a0114618_216221

フー・アム・アイ? 原題「Who am I?」

1998年 香港

監督 ジャッキー・チェン ベニー・チャン
出演 ジャッキー・チェン ミシェル・フェレ 山本未来 ほか

組織の裏切りにより、移動中のヘリごと始末された工作員。

記憶を失いながらも原住民に助けられ、“フーアムアイ”の名で部落に迎えられた男は記憶を取り戻すためひとり旅立つ…

Amazon.co.jpより

詳細とレビューは下の「続きを読む」をクリック



 変換 ~ PDVD_001 変換 ~ PDVD_011



≪感想・解説≫

ケンタッキーを無性に食べたくなるのと同じ頻度で「観たくなる」のがジャッキー映画。今回はジャッキーアクションの中でも名高い「フー・アム・アイ?」を鑑賞。

あらすじは上記のストーリーにある通り。記憶を無くした特殊部隊員ジャッキーの物語で、自分が何者なのかを付きとめていく様子を描いた映画である。


今回も突っ込みどころ満載、それこそがジャッキー映画の特徴であり、良さなので、あれこれ詮索しながら観るというのは正直お勧めできない。ジャッキー映画を一度でも観たことがある人なら分かるはず、そう、理屈なんてありゃしない。

ドラえもんばりの温かい目で、素直に、そして純粋に楽しむ娯楽作品といってよいだろう。


香港映画ではあるが、今作は海外ロケを多く敢行しており、比較的規模の大きい作品になっている。CIAも絡ませた脚本で、アメリカンではないが、香港的な感じでもない、雰囲気自体はレッドブロンクスのような感じ。

この映画の見どころ…というほどでもないが、ランエボのカーチェイスシーンはやはり有名だろう。突っ込む要素しかないカーチェイスだが、アイデアは中々絶妙で、いかにも車好きジャッキーの「こんなのやりたかった感」がでている場面でもある。

全体を通してアクションは多め、シリアス脚本にシュールな笑いを散りばめた、ジャッキー映画らしい作品である。

≪総評≫

★★★★☆

今回はジャッキー映画としての評価です。

個人的には好きな作品ですかね。お茶目なジャッキーを堪能できたので良かったです。

 変換 ~ PDVD_002 変換 ~ PDVD_012

 映画ブログ 外国映画(洋画)へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012.09.01 15:42 [編集] 返信
Re: No title

ありがとうございます!

2012.09.01 20:28 Hiro URL[編集] 返信

管理者にだけ表示を許可する