【映画】 アベンジャーズ

アベンジャーズ

アベンジャーズ 原題「Marvel's The Avengers」

2012年 アメリカ

監督 ジョス・ウィードン
出演 ロバート・ダウニー・Jr クリス・エヴァンス マーク・ラファロ クリス・ヘムズワース 他

“アベンジャーズ” それは、ひとつになるには巨大すぎる力。

長官ニック・フューリー(サミュエル・L. ジャクソン)率いる国際平和維持組織シールドの基地では、ある研究が行われていた。それは、世界を破壊する力をもった四次元キューブを極秘で調査するプロジェクトだ。

だが、突如として制御不能に陥ったキューブは、遠く離れた別世界につながる禁断のワームホールへの扉を開いてしまう。そこから現れたのは、神々の国アスガルドを追放され、地球の支配を目論む邪悪な神ロキ(トム・ヒドルストン)だった。

アスガルドの尊大な王子ソー(クリス・ヘムズワース)の弟であるロキは、セルヴィグ博士(ステラン・スカルスガルド)やシールド最強のエージェント、クリント・バートン(ジェレミー・レナー)をコズミック・スピアによってあやつり、キューブの強奪に成功する。

地球侵略へのカウントダウンが開始された時、ニック・フューリーは、周囲の反対を押し切ってある決断をおこなう。それは、“最強”の力を持つ7人のヒーローたちによる“アベンジャーズ”を結成することだった。

公式サイトより

詳細とレビューは下の「続きを読む」をクリック



capture-20120820-212153.png capture-20120820-211604.png


≪感想・解説≫

日本人よこれが映画だ。のキャッチコピーのもと、公開数ヶ月前から大々的に宣伝され、人々の期待感を募らせたこの「アベンジャーズ」。監督は「トイストーリー」などの脚本を手がけたジョス・ウィードンで、実写映画の監督を努めるのはこれが初である。

この作品を観るにあたって、MCUの映画作品を散々見直し、復讐を重ねてきたわけであるが、それでもし「エクスペンダブルズ」のようながっかりアクションだったら、と考えると不安で仕方なかった。が!

面白すぎました、うん

まぁまずなんといってもこの豪華さ。アイアンマンにキャプテンアメリカ、ハルク、ソー、他もろもろ。誰しもが一度は憧れたスーパーヒーローたちが一挙にあつまり、しかも共に戦うなんて。こんな映画、今までにあっただろうか。

アメコミ感全開のメンバーたちが映画の中でめいっぱい暴れまくるのだからそれはもう面白くないわけがない。

capture-20120820-233806.png

captur-201208232-002247.png



上記のストーリーにもある通り、本編はロキの登場シーンから始まる。
コズミックキューブ目当てでやってきたロキさんは、あの変てこりんな杖を使ってシールドのエージェントたちを洗脳し、いともたやすくキューブを奪い去ってしまう。

その場にいて銃撃されたニック・フューリーは一命を取り留めたものの、キューブが邪悪な神に渡ってしまった以上、自分たちの力ではどうにもできず、“ヒーロー”たちを集める決断に至る。

ここからは一気にアベンジャーズモードへ転換!スーパーヒーロー集めへ移っていく。
オーシャンズよりも豪華でパワフルな奴やを集めるというのはもうほんとに一苦労。

最初はキャプテン、そしてバナー、トニー・スタークと少しずつ共演を果たしていくヒーローたち。最後にソーが加わり、洗脳されたバートンを除く、アベンジャーズが完成するかと思えたが、このヒーローたちかなり個性的。


スタークは相変わらずのプレイボーイで、自信家。ニューヨークのマンハッタンにそれはもう自身の塊と言っていいいような巨大ビルを建てている。

キャプテンことスティーブは冷静沈着で計画的。コスチュームはマイナーチェンジが施され、さらにダサかっこよくなっている。今作では盾以外にもマシンガンを使うシーンがあるぞ!

ソーはいつもどおり。多少おバカな面を持つが、いざというときは頼れる存在

ハルクは……、暴れます!


まぁそんな彼らだから、愚痴は言うわ、喧嘩はするわで、どうもまとまりがない。

スタークが特に皮肉屋で、キャプテンをダサい服着た年寄りなんて言っちゃう始末。確かにな、なんて思いながら3Dグラスを掛けなおしていると、冒頭で洗脳されたバートン率いる戦闘部隊の奇襲攻撃が!

あれだけ互いを貶しあっていたメンバーも一気に悪に立ち向かうヒーローの顔に!

そう、彼らやっぱり、やる時はやるんです!


今作の悪役となるロキは相変わらず微妙な強さ。憎める悪役といった感じではない。
そして相変わらずの動機の弱さ。そんなに人類滅亡させたいんすか?なんて言ってたら映画にならないのでそこはスルーしておく。
意外と隙が多く、クスッとさせる笑いを生み出してくれるロキのキャラクター性にも注目だ。


そしてなんといっても見ものなのが、本編のクライマックスでもあるニューヨークでの大規模戦闘である。
ロキが作り出したワームホールから次々と出てくる敵部隊に立ち向かうアベンジャーズ!観ている側のテンションもハイボルテージ状態に!

あのトランスフォーマーを彷彿とさせるアクションシーンの連続!

アイアンマンは空で応戦、キャプテンは地上で雑魚の排除、ハルクはひたすら暴れまわり、ソーはロキと対決。
各ヒーローたちの特性を生かした戦闘を思う存分楽しむことができ、もう興奮しっぱなしである。

特殊能力の無いホークアイやブラック・ウィドウも、存在感抜群。ホークアイは動いてる物体に矢を当てるなんて朝飯前、正直なところ見なくても当たるんだぜと言わんばかりのテクニックを澄ました顔でやってのけ、ウィドウはGLOCK26をひたすらぶっ放し、ひたすらエロい。

明らかに普通の人間ではできないであろうことを見事にやってのける姿はもう、完全にスーパーヒーローである。

敵の大群にどのように打ち勝つのか!見ものだぞ!


アメコミらしいジョークも盛り込みつつ、ド派手で終始興奮していられる映画になっている。

各キャラクターの映画作品の中にあれだけ伏線を散りばめておいて、この映画で見事繋げてまとめた製作チームには是非ともアッパレ!と言いたい。

capture-20120820-212131.png capture-20120820-212225.png



≪総評≫

★★★★★

最高ですね!ダークナイトとはまた違った面白さがあります。
期待に期待以上の興奮を返してくれる映画です!

余談ですが、今回ブラック・ウィドウとホークアイの吹き替えを担当した米倉涼子さんと雨上がりの宮迫さん、意外と上手で驚きました。芸能人が吹き替えると大抵ろくなことにならないものですが、今回は全く違和感がありません。



では最後にメイキングシーンをどうぞ。



 映画ブログ 外国映画(洋画)へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック
お久しぶりです!

Hiroさん、こんにちは!

魅力的なヒーローが集結して暴れまくってくれた本作、
Hiroさんも大興奮だったようで、実に楽しかったです☆
一人一人が個性的なので、まとまるわけがないんだけど、
そのいざこざなんかの小ネタが、
いちいち笑えましたよね(≧▽≦)

ニューヨークの大規模戦闘は、「これがハリウッド映画だ」と
言わんばかりの、ドハデなシーンになっていて、ヒジョーに満足でした。

2012.08.29 16:31 YAN URL[編集] 返信
こんにちは

YANさんお久しぶりです。

豪華すぎるキャラたちの良い所をこれでもかと詰め込んでましたよね!
もう文句なしの一作で、歴史に残るアメコミ映画だと勝手に解釈しております(笑)

ニューヨークのシーンを含め、今でも思い出すと身体がウズウズしちゃいます!


またブログのほう訪問させていただきますね!コメントありがとうございました!

2012.08.29 19:35 Hiro URL[編集] 返信

管理者にだけ表示を許可する