【映画】 インクレディブル・ハルク

インクレディブル・ハルク

インクレディブル・ハルク 原題「The Incredible Hulk」

2008年 アメリカ

監督 ルイ・レテリエ
出演 エドワード・ノートン リヴ・タイラー ティム・ロス

科学者ブルース・バナー(エドワード・ノートン)は放射線実験で大量のガンマ線を浴び、
以来、怒りを感じるとアドレナリンの分泌とともに巨大な緑色のモンスター“ハルク”に変身する特殊体質となってしまう。

自らの治療薬開発に取り組みながら潜伏生活を送るブルースだったが、彼の血清を軍事実験に利用しようとするロス将軍(ウィリアム・ハート)は恐るべき手段を使い、ブルースを追いつめていく・・・。

Amazon.co.jpより

詳細とレビューは下の「続きを読む」をクリック



変換 ~ PDVD_005 変換 ~ PDVD_014


≪感想・解説≫

「緑で大きい生き物ってなーんだ?」 「ハルクだ!」

とまぁ、皆が知っているハルク君、今さらあれこれ語る必要は無いほど有名になっている。
なんで今さらハルク?というのは言うまでもない、そう、「アベンジャーズ」のためである。


今回紹介する「インクレディブル・ハルク」は2003年公開の「ハルク」とは全くの別物となっており、“ハルクを知りたい人”は、まぁさぞかしどちらを観るか迷うことだろう。

が、個人的にハルクといったら断然「インクレディブル・ハルク」をおすすめする。「アベンジャーズ」の伏線を敷いているのも実はこちらのほうなのである。まぁそれは後ほど。


あらすじに関しては上記の「ストーリー」にあるとおり
化学実験によって巨大なモンスターへと変身する体質になってしまったブルースは、自分の血清を欲しがるロス将軍によって創り出された、「アボミネーション」と戦うことになるのだった。

ものすごく簡略化してしまったが、そこはアメコミというジャンルのアクション映画なので、それほど詳しい説明は不要だろう。


さて、肝心のハルクであるが、原作とは若干異なるのだが、相変わらずの暴れん坊。
フォークリフトをいとも簡単に放り投げ、鉄板は盾に大変身させ、パトカーは良く分からない謎の武器に変形させる、いわゆる超人である。

仕舞いにはドンキーコングばりの力で地面を叩きつける、「ハルクスマッシュ」という名の必殺技を繰り出す始末。


ブルースいわく、変身してしまっているときに自我はなく、かといって全く別人ではないというなんとも不思議な生き物で、実際、愛する女性ベティには全く危害を加えない。むしろ守っている。

そんな超人の血清を欲しがっているのが、ロス将軍。なんとしてもブルースを捕まえるべく、新たに強化させたブロンスキー送り込むも失敗、この強化した身体の感覚に快感を覚えてしまったブロンスキーは、サミュエルの元にあったブルースの血清を自ら投与し、謎の生物「アボミネーション」と化してしまう。


変換 ~ PDVD_003 

  ハルク/ブルース・バナー



変換 ~ PDVD_001
  アボミネーション/エミル・ブロンスキー
  こらこら、ブサイクなゴジラとか言わないの




ハルクとアボミネーションの対決は特に見ものでもなく、ぶっ飛ばし、ぶっ飛ばされの繰り返し。
最終対決どっちが勝つか!?ということよりも、暴れるアボミネーションを倒し、ニューヨークの街と人々を救うことで、ハルクのヒーロー的な位置づけを確立させる、といったシーンである。

当時は興奮したが、今見るとどうしても「アベンジャーズ」の前置きにしか見えない作品である。


今作に登場する軍隊は、このジャンル特有の弱さ。とりあえず銃弾あびせとけ的な兵士がわんさか登場する。そんな軍隊の5.56mmはもとより50口径の銃にも耐え抜くハルクであるが、ひとつ、圧倒的に動きを抑えた兵器がある

それが、ハンヴィーに搭載された巨大音波砲。音波を出し動きを抑制する最新兵器である。これがなんと「スターク・インダストリーズ」製。そう、あのアイアンマンこと、トニー・スタークの会社である。

しかもラストでなんとトニー・スターク登場! そして一言。「我々はチームを編成中だ」
これはまさか!?

そういった伏線に気づいたときにニヤけてしまうのは「今」だからで、当時はまったくそんなこと気にしてはいなかった。本作を久しぶりに観たが、そういった発見もあり以外と楽しめた。

≪総評≫

★★★★☆

ますます「アベンジャーズ」を観たくなりました。
最近★4つが多いですね。いや決して適当に評価しているのではなく、本当に面白いからです。

変換 ~ PDVD_009 変換 ~ PDVD_013

 映画ブログ 外国映画(洋画)へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する