【映画】 ピザボーイ 史上最凶のご注文

ピザボーイ 史上最凶のご注文

ピザボーイ 史上最凶のご注文 原題「30 Minutes or Less」

2011年 アメリカ

監督 ルーベン・フライシャー
出演 ジェシー・アイゼンバーグ ダニー・マクブライド アジズ・アンサリ ほか

ニック【ジェシー・アイゼンバーグ】はいつも30分という配達時間を守れないしがないピザ屋の店員。親友のインド人チェット【アジズ・アンサリ】とつるみ、怠惰な生活を送っていた。
時同じくして、これまたどうしようもない生活を送っている二人の若者ドウェイン【ダニー・マクブライド】とトラヴィス【ニック・スウォードソン】。

二人は父親を殺す、殺し屋への報酬10万ドルを他人に強盗させるため、ゴリラと猿の覆面をしてニックを拉致し、9時間時限式爆弾を固定してしまう。窮地に陥ったニックはチェットと即席強盗タッグを結成! 

おもちゃのモデルガンと覆面と共に、この無謀な銀行強盗は成功するのか!?

Amazon.co.jpより

詳細とレビューは下の「続きを読む」をクリック



変換 ~ PDVD_000 変換 ~ PDVD_003


≪感想・解説≫

ゾンビランドの監督が送る、サスペンス系コメディ映画。

あらすじに銀行強盗とあり、一見強盗計画をコメディタッチに描いたものかと期待させられるが、実際銀行強盗部分はそこまで映画を成り立たせる事柄にはなっていない。

ちょっとまとめると
父親の財産の数百万ドルを手に入れるため、殺し屋に父親殺害を依頼するが、そのための10万ドルが手元にないため、赤の他人を無理やり脅し、銀行強盗をさせる。というもの

こんなバカなことを計画するのが、ドウェインとトラヴィス
まんまと強盗役にさせられるのが、ニックとチェット

一応コメディ映画なので、濃厚なサスペンスなんてこれっぽっちも期待はしていない。しかし題材に対して、コメディ一筋で通しすぎているのでなんとも浅い物語ができあがっている。なので、ストーリー食いついて「おもしろそう」とは絶対に思わないほうが良い。あくまでも登場人物たちの悪ノリを楽しむ映画。

だが、肝心の笑いの要素というかネタも、あるにはあるが、素直に笑える場面が少なかったかなというのが正直なところ。ここは笑う場面だなということは理解できるのだが、どうも他の映画で見たことあるようなネタがさほどで、新鮮味はなかった。まぁ苦笑がほとんど。

「“ハート・ロッカー”は借りたけど観ていない」や「フェイスブックはもうやめた」など、どことなく皮肉混じりなフレーズはおもわず笑いを誘った。

ニックとチェットの作り出す漫才的やりとりはそれなりに面白い。
「両腕を切断して頭からベストを脱げばいい」「バカ言え!」なんていうコントを終始繰り広げている。

映画全体を通して、普通にコメディ映画として見れなくはないし、面白くないこともない。でも印象には残らない。

≪総評≫

★★☆☆☆

はい、なんというか普通でした。ゾンビランドほど話題にならなかった理由が分かったような気がします。
個人的にあのカーチェイスは好きです。82年式フェアレディZと80年代のBGMはやっぱり合いますね。

変換 ~ PDVD_006 変換 ~ PDVD_005

 映画ブログ 外国映画(洋画)へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012.07.19 22:52 [編集] 返信
ありがとうございます

momorex様

ご訪問ありがとうございます!
リンクの件ありがとうございました。こちらこそよろしくお願いいたします!

2012.07.20 00:06 Hiro URL[編集] 返信

管理者にだけ表示を許可する