【映画】 ペントハウス 

ペントハウス

ペントハウス 原題「Tower Heist」

2011年 アメリカ

監督 ブレット・ラトナー
出演 ベン・スティラー エディ・マーフィ アラン・アルダ

ニューヨークのマンハッタンにそびえ立つ〈ザ・タワー〉。居住者のスーパーリッチな日常を陰で支えるのは、管理マネージャーのジョシュをリーダーとする使用人たち。居住者のいかなる要望にも応えようと日々奮闘する彼らは、ささやかな給料で慎ましい生活を営む平凡な庶民である。

ところがある日、使用人たちの夢も希望も打ち砕く大問題が発生。ウォール街の帝王たるペントハウスの住人、アーサー・ショウが、全米を揺るがす金融詐欺事件を引き起こし、使用人たちの年金までも着服していた事実が発覚したのだ…

 



詳細とレビューは下の「続きを読む」をクリック



変換 ~ PDVD_000 変換 ~ PDVD_004


≪感想・解説≫

金を巡った復讐劇をコメディタッチで描いた映画です。
ベン・スティラーといえばブラックジョークがすぎる「トロピックサンダー」なんかがありますが、今作は内容自体意外と真面目。

映画全体を通して大きな見せ場は少なめ。一本の流れを淡々と進んでいきます。
キャストにエディ・マーフィということで、大胆不敵に盗みを働くのかと思いきや、設定はころ泥。アンテナ泥棒というなんとも頼りない存在。実際簡単に裏切っちゃう場面もいくつか。

2000万ドル盗むという計画から、オーシャンズなんかを想像してしまった自分がバカらしい。
色々な小細工でタワーに潜入するというのは見どころだが、そこはやっぱりコメディ設定ということで、うまく行き過ぎている感は否めない。

笑いの要素はあるにはあるがこれまた少なめ。なんというかネタが「ゲットスマート」を連想させる不思議。
キャラの設定は細かくて良い。しかし主人公も含むどの登場人物にも感情移入しにくいのはなぜだろうか。


内容的には個人的に好きな強盗物だったが、どうもこの映画の楽しみ方をつかむことができなかった。

≪総評≫

ふつうかな ★★★☆☆

期待しすぎたというのも大きく繋がったのかと思いますが、私自身はふつうでした。
分かりやすい内容なのは良いのですが、見たことあるような場面がありすぎて、一つの映画としてみるには物足りないですかね。

変換 ~ PDVD_002 変換 ~ PDVD_003

 映画ブログ 外国映画(洋画)へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する