ポップコーンのある毎日
Twitter facebook rss rss
モッピー!お金がたまるポイントサイト
Category
Profile

 Hiro

管理人:Hiro(ヒロ)
洋画とポップコーンが大好き。

評価について

★★★★★(一覧)
人におすすめしたい傑作。

★★★★☆(一覧)
純粋に楽しめるおすすめ作品。

★★★☆☆(一覧)
ふつう。見て損はしない。

★★☆☆☆(一覧)
ちょっとおすすめできない。

★☆☆☆☆(一覧)
観ないほうがいい。


クリックお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Blog Ranking
Link










  FC2

  TSUTAYA


  Wikipedia

Form

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する

映画『ザ・タウン』強盗で生きる人生

ザ・タウンスクリーンショット

ザ・タウン 原題『The Town』


全米一、銀行強盗発生率の高い街ボストン・チャールズタウン。

そこで育ったダグ(ベン・アフレック)は当然のように強盗を生業として暮らしていた。

だがある日、強盗に入った銀行の行員クレアに一目惚れをしてしまう。そんなダグにFBIの捜査の手が迫る…

wikipediaより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2010年 制作国:アメリカ 監督ベン・アフレック 出演ベン・アフレック ジョン・ハム ジェレミー・レナー 時間:124分
★★★★☆
銀行強盗もの。かなり男臭い作品で、かといって『HEAT』('95)ほどシリアスではなく、『インサイド・マン』('06)ほど謎解き要素はない。ドラマ性を持たせたアクション映画で、なめらかに感情移入できる小綺麗な映画。テンポも程よく、俳優らが申し分ない役を努めてくれている。ベン・アフレックも良い役柄だけど、なによりジェレミー・レナーが格好良い。アクションシーンの迫力は十分で、ボストン郊外のチャールズタウンという、ほのかにヨーロッパを思わせるような町並みの中でカーチェイス、素晴らしい。おすすめ
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。