映画『96時間』 戦うパパはかっこいい

96時間スクリーンショット

96時間 原題『TAKEN』


元CIA工作員のブライアンは離婚した妻と裕福な再婚相手と共に暮らす娘キムに会うのがなによりの楽しみだった。

そんなある日、キムが友人のアマンダと2人だけでパリ旅行に行きたいと父親のブライアンに許可証へのサインを求めてくる。断固として反対したブライアンだったが、娘のけなげさに負け条件付で旅行を許す。

しかしパリに着いた二人は空港でタクシーの相乗りを求めてきたピーターという男とその仲間に拉致されてしまうのだった…

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2008年 制作国:フランス 監督ピエール・モレル 出演リーアム・ニーソン マギー・グレイス ファムケ・ヤンセン 時間:93分 
★★★★☆
ストーリーはありがちな“拉致、救出”だが、このパパ、とてつもなく強い。娘の救出を邪魔する奴は誰であろうと容赦しないスタンスで、涼し気な顔で人身売買に関わる悪党どもをバッタバッタと倒していくリーアム・ニーソンがものすごく格好良い。全体的にテンポが良く、93分というコンパクトな尺のわりに、“見た感”はものすごく残るアクション映画。おすすめ
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する