映画『マリオネット・ゲーム』

マリオネット・ゲームスクリーンショット

マリオネット・ゲーム 原題『Butterfly on a Wheel』


二ールとアビーは、娘のソフィーと共に、誰もが羨むほどの幸せな家庭を築いていた。ある週末、ソフィーをベビーシッターに預け、夫婦一緒に車で家を出たが、突然車の後部座席から見知らぬ男に銃を突きつけられ二人は凍りついてしまう。

実はベビーシッターは彼の仲間で、娘を人質に取ったと言う男は、娘を無事戻してほしければ言う通りに動けと、次々と二ールたちに無理難題を押し付けてきた…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2007年 制作国:カナダ イギリス 監督:マイク・バーカー 出演ピアース・ブロスナン ジェラルド・バトラー マリア・ベロ 時間:95分 映倫:PG-12
★★★☆☆
次々に提示される命令は大胆ではあるものの、どこか物足りない気がするのが、事件の真相を物語っているといったところだろうか。頭の良い方ならオチに気がつくお話。ラストのどんでん返しは素晴らしくも味気ない感じ。「あぁなるほど」とは思うがそれ以上の感情はない。破滅していく夫婦に心が痛む、そんな思いで見ていたほうが、ラストを一層引き立てるかも。どんでん返しのあるサスペンスではあるがが、どうも盛り上がりに欠ける気がした。
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する