映画『バンテージ・ポイント』

バンテージ・ポイントスクリーンショット

バンテージ・ポイント 原題『Vantage Point』


スペインのサラマンカの広場で開催されていたテロ撲滅の国際会議で、アメリカ合衆国大統領・アシュトンが大勢の聴衆を前にスピーチをしようとした瞬間、何者かに狙撃される。続けて会場の外で爆発音が響き、混乱に陥る広場の中で、演説台の下に仕掛けられた爆弾が爆発し…

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2008年 制作国: 監督ピート・トラヴィス 出演デニス・クエイド フォレスト・ウィテカー シガニー・ウィーバー 時間:90分
★★★☆☆
1つのできごとを8人の視点から描くサスペンス。大統領狙撃の犯人は?というものではなく、実のところその実行犯、そして黒幕もすんなり劇中で明らかなる。この手の映画にはたいてい推理、謎解き要素があるが、本作はそうではない。物語の面白さを見るのではなく、物語の見せ方を見る映画かな。一人ひとりの視点を見ていくうちに、「ああ、ここに繋がってこうなるのか」といった具合に話がまとまるのには感心させられる。オチがお粗末だけど、映画自体はハラハラドキドキで楽しめた。

他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する