映画『ブラッド・ダイヤモンド』

ブラッド・ダイヤモンドスクリーンショット

ブラッド・ダイヤモンド 原題『Blood Diamond』


アフリカのシエラレオネ共和国で、3人の男女が運命的な出逢いを果たす。元傭兵のダイヤ密売人アーチャー、反政府軍RUFの襲撃によって家族と引き裂かれたソロモン、そして、紛争ダイヤモンドの真実を暴こうとするジャーナリストのマディー。すべてはソロモンが闇ダイヤの採掘場で大粒のピンク・ダイヤを発見することから始まる。

ひとりはそのダイヤの利益で救いのない暗黒大陸から抜け出そうとし、ひとりは引き裂かれた家族を取り戻そうとし、ひとりは真実を記事にするための動かぬ“証拠”を求めていく…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2006年 制作国:アメリカ 監督エドワード・ズウィック 出演レオナルド・ディカプリオ ジャイモン・フンスー ジェニファー・コネリー 時間:143分
★★★★☆
社会派アクションサスペンス。エンターテイメントではなく、アフリカや貧しい国の現状を訴えている映画。作中にたびたびRUFという武装集団が登場するが、彼らの残虐さが半端じゃない。映画向けに過激な演出になっているのかもしれないが、実際にああいった集団が存在していることが驚き。ダイヤ1つにこれだけ多くの血が流れていると知れば、ダイヤに対しての価値観が変わってくるかも知れない。緊張感もあるし、一応アクション映画としても見られる作品。
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する