映画『アーマード 武装地帯』

アーマード 武装地帯スクリーンショット

アーマード 武装地帯 原題『Armored』


イーグル・シールド警備会社の新人警備員タイは、メンバーのマイク、以下6人のチームで現金の輸送などを受け持っていた。

ある日、マイクはタイに、現金強奪計画を打ち明ける。チーム6人で協力し、現金輸送車で運ぶことになっている4200万ドルをある所に隠し、強盗に襲われたことにしようというのだ。

死んだ両親の残した家が差し押さえにあい、弟の養育にも金が必要なタイはその計画に乗るのだが…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2009年 制作国:アメリカ 監督:ニムロッド・アーントル 出演マット・ディロン ジャン・レノ ローレンス・フィッシュバーン 時間:87分
★★★☆☆
現金輸送車もの。「俺たち金ほしいからさ、襲撃にあったことにして金ネコババしようぜ」といったお話。序盤の映画に引き込む雰囲気と演出は巧みだし、輸送車襲撃演習の場面では良作感が出ていたんだけど、後半になるにつれて味気ないもになっていった。気になるのが、この豪華キャストに対して内容が浅すぎる。脚本が悪いというわけではなく、キャストとの釣り合いが保てていない。この映画なら、大物俳優1人に新人俳優なんかでよかったとは思う。マット・ディロンやローレンス・フィッシュバーンの役どころはわかるが、ジャン・レノの存在意義がわからない。そういった変なこと考えずに素直に観れば面白いかな。現金輸送車でのカーチェイスは新鮮でよかった。
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック
No title

もう見たのか。さすがだな

2010.08.01 20:53 のまくき URL[編集] 返信

管理者にだけ表示を許可する