映画『インサイド・マン』

インサイド・マンスクリーンショット

インサイド・マン 原題『Inside Man』


マンハッタンの銀行で強盗事件が発生。
頭脳明晰な犯人グループのリーダー、ダルトン(クライヴ・オーウェン)は人質全員に自分達と同じ格好をさせ捜査を撹乱する。交渉の糸口が見つからず当惑する捜査官フレイジャー。

「奴らの目的は何なのか?何かがおかしい…」

女弁護士ホワイト(ジョディ・フォスター)が犯人との交渉役として現れる。前代見聞の“完全犯罪”の謎とは一体…

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2006年 制作国:アメリカ 監督スパイク・リー 出演デンゼル・ワシントン クライヴ・オーウェン ジョディ・フォスター 時間:128分
★★★★☆
銀行強盗もの。独自の映像技術というキャッチコピーが見られたが、特にそういったところは見受けられなかった。映像がきれいなのは確かで、どことなく大作映画の雰囲気をかもし出している。ストーリーはありがちな“銀行強盗vs交渉人”の、ちょっと深みがあるタイプ。冒頭からいろいろと伏線だらけだったのだがそれを予想させないのはすごい。全体としてはムラのない非常によい仕上がりの映画。おすすめ
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する