映画『クライム・ヒート』

クライムヒートスクリーンショット

クライム・ヒート 原題『The Drop』


ブルックリンでバーを装ってマフィアの金を預かる“闇銀行"を営むボブとマーヴ。ある日、2人の仮面をかぶった強盗が店を襲い、絶対に奪われてはいけない大金が盗まれてしまう。

街で最も危険なマフィアに、金を取り返すように命じられた彼らは、ダークサイドへと足を踏み入れていくが……。

金を奪ったのは誰なのか? 身の危険が迫る中、彼らが下した決断とは!?

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2014年 制作国:アメリカ 監督ミヒャエル・R・ロスカム 出演トム・ハーディ ノオミ・ラパス ジェームズ・ガンドルフィーニ 時間:106分
★★★★☆
汚い金をめぐるクライム・サスペンス。ものすごく淡々とした雰囲気の映画。トム・ハーディ演じる主人公ボブは物静かなバーテンダーなんだけど、何か恐ろしい一面を秘めているかのようなオーラがたまらなく渋い。映画としての完成度は高く、伏線であったり、ひとつひとつの演出にこだわりを感じる。なんとなくモヤモヤしながらストーリーが進みラストでパズルの最後のピースがハマる感覚が良い。個人的には好きだけど、万人にウケるような内容じゃない。この手のジャンルが好きな人におすすめ。
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する