ポップコーンのある毎日
Twitter facebook rss rss
モッピー!お金がたまるポイントサイト
Category
Profile

 Hiro

管理人:Hiro(ヒロ)
洋画とポップコーンが大好き。

評価について

★★★★★(一覧)
人におすすめしたい傑作。

★★★★☆(一覧)
純粋に楽しめるおすすめ作品。

★★★☆☆(一覧)
ふつう。見て損はしない。

★★☆☆☆(一覧)
ちょっとおすすめできない。

★☆☆☆☆(一覧)
観ないほうがいい。


クリックお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Blog Ranking
Link










  FC2

  TSUTAYA


  Wikipedia

Form

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する

映画『ザ・ウォーカー』

ザ・ウォーカースクリーンショット

ザ・ウォーカー 原題『The Book of Eli』


世界で一冊だけ残る本を運び、30年間旅をしている男イーライ(デンゼル・ワシントン)。

本に触れる者をためらわずに誰でも殺すイーライだが、彼は旅の目的地を知らず、「西へ向かう」という手掛かりだけを頼りに歩き続けている。

そんな中、彼の前に、本を探し続ける独裁者カーネギーが現れ…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2010年 制作国:アメリカ 監督アルバート・ヒューズ アレン・ヒューズ 制作ジョエル・シルバー 出演デンゼル・ワシントン ゲイリー・オールドマン ミラ・キュニス 時間:118分
★★★☆☆
人類滅亡後の世界を描く、アクションサスペンス。舞台は核戦争後のアメリカ南西部。暴徒化した集団や、生活品のため殺しあうなど、人間の恐ろしさの描写はうまい。見どころはそのオチだが、製作側の“オチを予想させない工夫”がすぎたためか、納得するのにすこし時間がかかった。ちょいと矛盾点があったりして、本当にそういった解釈で良いのかと振り返ってみたり。この本はいわゆる聖書なわけだけど、宗教自体あまり一般的でない日本ではすこし同情性に欠けるものだった。
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。