映画『ブリッジ・オブ・スパイ』

タイトルスクリーンショット

ブリッジ・オブ・スパイ 原題『Bridge of Spies』

アメリカとソ連の冷戦のさなか、保険関連の敏腕弁護士ドノヴァン(トム・ハンクス)は、ソ連のスパイであるアベル(マーク・ライランス)の弁護を引き受ける。

その後ドノヴァンの弁護により、アベルは死刑を免れ懲役刑となった。5年後、アメリカがソ連に送り込んだ偵察機が撃墜され、乗組員が捕獲される。ジェームズは、CIAから自分が弁護したアベルとアメリカ人乗組員のパワーズ(オースティン・ストウェル)の交換という任務を任され……。

シネマトゥデイより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2015年 制作国:アメリカ 監督スティーヴン・スピルバーグ 出演トム・ハンクス マーク・ライランス エイミー・ライアン 時間:141分
★★★★☆
実話に基づくシナリオなので、驚くような展開こそ無いけど、じっくりこってり見られる映画。冷戦時代の知識が多少ないと理解が難しい場面もあったが、目的はしっかりしているので、話に置いて行かれることはない。トム・ハンクスはほんとにこういう役が似合うよね。少し長めの映画だけど、最後まで楽しく見られたし、ちょっと感動さえ覚えた。じっくり見る濃厚な映画が好きな人におすすめ。
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する