映画『オデッセイ』火星で生き抜く術

オデッセイスクリーンショット

オデッセイ 原題『The Martian』


火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。

空気も水も通信手段もなく、わずかな食料しかない危機的状況で、ワトニーは生き延びようとする。一方、NASAは世界中から科学者を結集し救出を企て、仲間たちもまた大胆な救出ミッションを敢行しようとしていた。

シネマトゥデイより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2015年 制作国:アメリカ 監督リドリー・スコット 出演マット・デイモン ジェシカ・チャステイン クリステン・ウィグ 時間:141分
★★★★★
スペースサバイバルモノの中でも、明るい気分で楽しく見られる作品。ハプニングはあれど、絶望感は無く、ユーモアもあって、それでいてハラハラドキドキ見られる映画。ご都合主義な展開が多いので、いわゆる“映画評論家”には批判されそうな感じ。時折流れる70年代ミュージックが映画をより引き立てている。エンターテイメント作品としては素晴らしい仕上がりなので、誰しもにおすすめしたくなる、そんな映画。
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する