ポップコーンのある毎日
Twitter facebook rss rss
モッピー!お金がたまるポイントサイト
Category
Profile

 Hiro

管理人:Hiro(ヒロ)
洋画とポップコーンが大好き。

評価について

★★★★★(一覧)
人におすすめしたい傑作。

★★★★☆(一覧)
純粋に楽しめるおすすめ作品。

★★★☆☆(一覧)
ふつう。見て損はしない。

★★☆☆☆(一覧)
ちょっとおすすめできない。

★☆☆☆☆(一覧)
観ないほうがいい。


クリックお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Blog Ranking
Link










  FC2

  TSUTAYA


  Wikipedia

Form

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する

映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』スピードに国境なし

ワイルド・スピードX3スクリーンショット

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT 
  原題『The Fast and the Furious: Tokyo Drift』

無茶な暴走行為で地元にいられなくなった高校生ショーンは父親の駐留する東京へやってきた。

ハイスクールで知り合った留学生のトゥインキーに連れられて、ショーンははじめて究極のドライブ・テク“ドリフト”に出会う。だがそれは、ドリフト・キングの異名をとる男、D.Kとの熾烈な戦いのはじまりでもあった。

熱いカーマニアたちに囲まれ、ドリフト・テクを猛練習するショーン。そして激しいライバル心を燃やすD.K.ショーンとD.Kは、極限のドリフト・レースで勝負することになるが…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2006年 制作国:アメリカ 監督ジャスティン・リン 出演ルーカス・ブラック バウ・ワウ サン・カン 
時間:104分
★★★☆☆
舞台は東京に。前作までの雰囲気とは打って変わって、なんちゃって日本の安っすいものになった。まさしく外国人が考えた日本、といった感じで、あらゆる面で誤解や勘違いが多く、日本人からすると現実味が全く無い。日本人、韓国人、中国人、その他もろもろ、様々な国、人種の登場人物がおり、すべて高校生というからもうさすがに無理がある。ストーリーも、車好きの主人公(高校生)が騒動を巻き起こす、というなんら面白みのないお話。登場する車は格好良いが、ただそれだけ。シリーズ唯一のがっかり作。決して監督のジャスティン・リンがどうとかじゃなくて、これはそもそものコンセプトが悪い。
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。