映画『ワイルド・スピード』車好きのあなたへ

ワイルド・スピードスクリーンショット

ワイルド・スピード 原題『The Fast and The Furious』

L.A.では深夜、若者たちが大金を賭けたストリート・カー・レースに熱狂していた。ドミニクは仲間たちから一目置かれる天才ドライバー。彼はレースを挑んでくる無謀な連中を相手に1度のレースで1万ドルを稼ぎ出す。

そんなある夜、ブライアンという新顔がやって来る。彼もまたドミニクに負けない驚異のドライビングテクニックを披露、ギャラリーの注目を集める。しかし、誰も彼が警察官だとは想像もしなかった。ブライアンは実は、最近多発している高級品を積んだトラックがハイスピード状態のままジャックされるという事件を追って、潜入捜査を行っていたのだった。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2001年 制作国:アメリカ 監督ロブ・コーエン 出演ヴィン・ディーゼル ポール・ウォーカー ジョーダナ・ブリュースター 時間:106分
★★★★☆
ストリートレース、NOS、など、ノリノリの音楽が似合う世界での潜入捜査を描いたカーアクション映画。主人公のおとり捜査官ブライアンの成長、奮闘を見るお話。カーアクションをメインに話は進むが、潜入捜査の中で生まれる主人公はじめ、登場人物それぞれの人間関係が色濃く描写され、車自体に興味がなくても濃い目のアクション映画として楽しめる内容。走行シーンにCGがほとんど使われていないので、各シーンの臨場感がすごい、終盤のトレーラー襲撃シーンが見モノ。これまでのエンジン排気量やトルク命だったカーアクション映画から、制御系へのこだわりを大きく描いた、新たなカーアクションのジャンルを築いた一作。おすすめ。
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する