映画『恋とニュースのつくり方』

恋とニュースのつくり方スクリーンショット

恋とニュースのつくり方 原題『Morning Glory』


失業中のベッキー(レイチェル・マクアダムス)はニューヨークで朝番組のプロデューサーに採用されるが、それは局に見放された超低視聴率番組だった。

彼女は番組を建て直すため大御所の報道キャスター、マイク(ハリソン・フォード)を起用し、やがて同僚のアダム(パトリック・ウィルソン)と恋に落ちる。

恋に仕事に順調なスタートを切ったベッキーを、思わぬ事態が待ち受けていた……。

シネマトゥデイよりより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2010年 制作国:アメリカ 監督ロジャー・ミッシェル 出演レイチェル・マクアダムス ハリソン・フォード パトリック・ウィルソン 時間:107分
★★★★☆
『プラダを着た悪魔』のような、逆境に立ち向かい、困難を乗り越えていく女性のサクセス・ストーリー。終始コメディタッチで描いていて、明るく楽しく観ることができる。放題に『恋と』とは入っているが、ラブストーリーのほうは若干薄め。あくまでも仕事に奮闘する姿に焦点を当てている感じ。それと主演のレイチェル・マクアダムスがまたキュートで、ドジなキャラではあるものの、キリッとしたときの顔がすごくセクシーな、個人的にイチオシの女優さん。『アバウトタイム』もおすすめ。
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する