映画『カリフォルニア・ダウン』

カリフォルニア・ダウンスクリーンショット

カリフォルニア・ダウン 原題『San Andreas』


巨大地震が発生し、猛烈な揺れに襲われたカリフォルニア。超高層ビル群やゴールデンゲートブリッジが次々と倒壊し、ロサンゼルスなどの大都市が相次いで壊滅。救難活動に奔走するレスキュー隊のパイロット、レイ(ドウェイン・ジョンソン)はサンフランシスコに残された娘(アレクサンドラ・ダダリオ)の救出に向かうが……。

シネマトゥデイより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2015年 制作国:アメリカ 監督ブラッド・ペイトン 出演ドウェイン・ジョンソン カーラ・グギーノ アレクサンドラ・ダダリオ 時間:114分
★★★★☆
見ての通り災害モノ(ディザスタームービー)ではあるんだけど、本作はドウェイン・ジョンソン演じるパパの救出劇を描いたアドベンチャームービーのようにも思えた。消防局員にもかかわらず公務そっちのけで元妻と娘の救出に向かうパパには一瞬ツッコミを入れたくなるが、それを割りきってしまえば、地震、火災、津波と次々に襲いかかる困難に立ち向かい家族を助けるという事柄に集中でき、ハラハラドキドキと純粋に映画を楽しむことできる。何にせよたたかうパパはかっこいいね。下手な加工のない色調のVFXは自然で素晴らしく、ロスやサンフランシスコの街が壊れていく様には技術の進化に関心すると共に、そのリアルさに恐怖さえ感じた。
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する