映画『マイノリティ・リポート』

マイノリティ・リポートスクリーンショット

マイノリティ・リポート 原題『Minority Report』

西暦2054年、ワシントンDC。政府は膨大な凶悪犯罪を防ぐ策として、ある画期的な方法を開発し、大きな成果をあげていた。それは、予知能力者を利用して凶悪犯罪が起こる前に犯人を逮捕してしまうというシステムであった。このシステムのお陰でワシントンDCの犯罪件数は激減、将来的にはアメリカ全土で採用されるべく準備が整えられていた。

そんなある日、このシステムを管理する犯罪予防局のチーフ、ジョン・アンダートンが“36時間後に見ず知らずの他人を殺害する"と予知され、告発されてしまう。追う立場が一転して追われる立場になったジョンは、自らの容疑を晴らそうと奔走するのだが、彼は既に大きな陰謀に巻き込まれていたのだった……。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2002年 制作国:アメリカ 原作フィリップ・K・ディック 監督スティーヴン・スピルバーグ 出演トム・クルーズ コリン・ファレル サマンサ・モートン 時間:145分
★★★★☆
『ブレードランナー』や『トータル・リコール』で有名なフィリップ・K・ディック原作のSF小説『少数報告』をスピルバーグ監督で映像化。B級SF映画のような雰囲気と、浅くしか展開しないストーリーに中盤あたりまではボーッと見てたんだけど、それ以降はかなり引き込まれた。あ、オチ読めたわ、という自分の浅はかな予想を見事に裏切ってくれた。どんでん返しと言えるかは微妙なところだが、脚本の深さには関心した。もうすこしコンパクトにまとめられた気もするけどね。おすすめ
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する