ポップコーンのある毎日
Twitter facebook rss rss
モッピー!お金がたまるポイントサイト
Category
Profile

 Hiro

管理人:Hiro(ヒロ)
洋画とポップコーンが大好き。

評価について

★★★★★(一覧)
人におすすめしたい傑作。

★★★★☆(一覧)
純粋に楽しめるおすすめ作品。

★★★☆☆(一覧)
ふつう。見て損はしない。

★★☆☆☆(一覧)
ちょっとおすすめできない。

★☆☆☆☆(一覧)
観ないほうがいい。


クリックお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Blog Ranking
Link










  FC2

  TSUTAYA


  Wikipedia

Form

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する

映画『グッド・ライ ~いちばん優しい嘘~』

グッド・ライスクリーンショット

グッド・ライ ~いちばん優しい嘘~ 原題『THE GOOD LIE』

カンザスシティーの職業紹介所で働くキャリーは、スーダンから到着したマメールと二人の仲間を空港まで迎えに行く。彼らは内戦で両親を亡くした、“ロストボーイズ"と呼ばれる難民たちだ。

そつなく仕事をこなしてきたキャリーに与えられたのは、電話を見るのも初めての彼らを就職させるという、最難関のミッションだった。

車に乗せれば一瞬で酔うし、牧場を見ると「猛獣はいますか?」と確認、マクドナルドもピザも知らない彼らに最初はイラつくキャリーだが、その成長を見守るうちに思いがけない友情が芽生え、生き方さえも変わっていく…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2014年 制作国:アメリカ 監督:フィリップ・ファラルドー 出演リース・ウィザースプーン アーノルド・オーチェン ゲール・ドゥエイニー 時間:110分
★★★★☆
2000年、アメリカへ渡った難民キャンプ育ちの3人が、まさしくな先進国アメリカで、就職支援にあたるキャシーの支えのもと、あらゆる“初めて”に囲まれ生活していく。その様子を描いたお話。序盤に描かれているロストボーイズたちの子供時代に体験した苦悩の日々と、それ以降に描かれているアメリカでの暮らしのギャップがすごい。本来人間として生きるだけならいたって普通のことが、法や規則というものに縛られ、遮られる。自分たちが日頃感じるモヤモヤをうまく表現している。本作のテーマ“グッド・ライ”、正直その演出が若干薄い気もしたけど、ラストでそんなグッド・ライをバシっと決められ感動したね。瞬間的に感情がこみ上げ涙してしまうのも一つの感動であるが、本作はどちらかというと心にしみじみと来る、そんな感じ。それと今回ロストボーイズを演じた俳優さんたちの演技、すごく良かった。
主題歌『Find A Way
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。