映画『チャッピー』意識を持つロボット

チャッピースクリーンショット

チャッピー 原題『Chappie』

2016年―犯罪多発地区、南アフリカ ヨハネスブルグに世界で唯一の“感じ、考え、成長する”AI(人工知能)を搭載したロボットが誕生。
彼の名はチャッピー。

起動したばかりのチャッピーは真っ新でまるで子供のようだが、彼の余命はたった5日間しかない。ギャングにさらわれたチャッピーは、ギャング式の生きる術を覚え加速度的に成長する。
ただ「生きたい」と願うチャッピーの人知を超えた行動に、我々は衝撃の結末を目撃する。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2015年 制作国:アメリカ 監督ニール・ブロムカンプ 出演デーヴ・パテール ヒュー・ジャックマン 
ダイ・アントワード シガニー・ウィーバー 時間:120分
★★★★☆
意識を持つロボットなのは間違いないけど、厳密には意識を“インストールされた”ロボット、それがチャッピー。
ロボコップのような治安維持ロボット『スカウト』のひとつに『意識データ』をインストールすることにより生まれたもので、文字通り本当に生まれたての子供。そしてひょんなことからギャング達に育てられることになっちゃって、どんどんワルに育てられるチャッピー。子供の育ちは育てられ方、育つ環境に依存するっていうのがよく描かれていたね。犯罪の横行する荒廃した世界感はもうお手の物というくらいに醸し出されており、第9地区やエリジウムとよく似ている。国内では何を思ったかハートフルムービーっぽく宣伝されていたけど、そういうのじゃないっつーのね。それと意識をデータ化するという、本当にそのうち実現してしまうのではないかと思える要素はファンタジックである半面、どこか現実味もあってよかった。映画としては十分面白かった。
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する