映画『ラン・オールナイト』

ラン・オールナイトスクリーンショット

ラン・オールナイト 原題『Run All Night』

殺し屋として闇の世界に生きるジミー(リーアム・ニーソン)は、仕事のために家族を捨て、一人息子のマイクとも疎遠になっていた。

しかし、ある日、殺人現場を目撃して殺されそうになっていたマイクを救うため、NYを牛耳るマフィアのボスの息子ダニーを射殺してしまう。ボスのショーン(エド・ハリス)とは固い絆で結ばれた30年来の親友だったが、息子を殺されたショーンは、嘆き、怒り、ジミーに宣告する。

「お前の息子を殺して、お前も殺す」と。朝が来る前にジミーを葬ろうと、ニューヨークは今、街中が敵となった。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2015年 制作国:アメリカ 監督ジャウマ・コレット=セラ 出演リーアム・ニーソン ジョエル・キナマン エド・ハリス 時間:114分 映倫:R-15
★★★★☆
友人の復讐から逃れるべく、な逃走劇。気になるリーアム・ニーソンは“逃げる側”である。
リーアムがもちろん主人公なんだけど、息子の復讐を果たすべく追ってくるエド・ハリス側も同情できる面があったりして、ちょっと感情移入がし辛い。『96時間』のように善と悪がはっきりしていれば当然ながら主人公がんばれ!ってなるけど、本作はその単純さに欠ける。しかし内容自体は骨太なアクション映画といった感じで、銃撃戦もあればカーチェイスもあるし、文字どおりのノンストップアクション。なおかつ人間模様もよく描けている。スッキリしたラストでは無いが、純粋に楽しめた。おすすめ。
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する