映画『アザーズ』不気味という言葉がふさわしいお屋敷

アザーズスクリーンショット

アザーズ 原題『The Others』


1945年、第二次世界大戦の終わり頃のチャネル諸島のジャージー島が舞台。グレースは色素性乾皮症を患う娘アンと息子ニコラスと共に広大な屋敷で暮らしていた。夫は出征したまま帰ってこず、不安な日々を送る家族の元に、3人の使用人が現れる。それを境に、屋敷で不可解な現象が次々と起き始める。

wikipediaより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2001年 制作国:スペイン アメリカ 監督アレハンドロ・アメナーバル 出演ニコール・キッドマン フィオヌラ・フラナガン クリストファー・エクルストン 時間:104分
★★★★☆
ホラー映画だが心霊演出やグロテスクな表現のない、不可解で心理的な恐怖を味わえることで知られるホラー映画。
個人的にそこまで怖いという感覚は無かったが、ラストの展開になるほどなあと関心させられた。ミステリーとしても楽しめる作品。
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する