映画『ナイス・ガイ』ノンストップジャッキーアクション

ナイスガイ

ナイスガイ 原題『一個好人』 英題『Mr. Nice Guy』


人気料理番組でホストを務める、カリスマ料理人のジャッキー。

ひょんなことからオーストラリアのギャングから命を狙われることになった彼は、組織の悪事を暴くべく果敢に立ち向かっていく!

Amazon.co.jpより


監督サモ・ハン・キンポー 制作:チャイ・ラン 公開年:1997年 製作国:香港
出演ジャッキー・チェン ミキ・リー リチャード・ノートン


SS SS SS

解説・感想


たまに、みたくなるなるジャッキー映画。ということで今回は97年公開のナイスガイ。


あらすじは上記の通りで、犯罪の証拠を収めたテープを巡った争いにジャッキーが巻き込まれ、ひたすら追いかけっこを繰り広げるお話。


本作での見どころはなんといってもバラエティに富んだアクションの数々で、いつも通りの走って飛んでアクションはもちろんのこと、馬車の上で戦ったり、巨大ダンプに車ごと轢かれたりなど、単純にすごいと言えるものからヒヤヒヤする超危険なものまで目白押し。


SS

個人的に好きなのがビルの建設現場でのアクションで、複数人の敵を相手にジャッキーが戦うわけだが、そこに“ドア”があるだけで格段に面白さが増している。ドアを開ける瞬間の心理をうまく活かしたユーモア溢れるアクションである。



二段階ジャンプのごとく壁を登ったり、見るからに通れなさそうな格子をくぐったり、フライ返しで料理を飛ばしたり、相変わらず地味に盛り込む小技にも注目である。


登場人物もジャッキー映画らしい(厳密にはサモハン映画だけど)個性豊かで、悪役さえもなぜかこう憎めない奴らばかり。ジャンカルロはちょっと非道な面もあったけど潔癖症キャラで和んだ。カメオでサモハンも登場。


全体的に明るい雰囲気でなおかつアクション中心なので、いわゆる現代ジャッキー映画をみたいならコレと薦められる一作。


ちょっと個人的で超マニアックな話になるが、終盤、巨大ダンプカーに潰されるランボルギーニ・カウンタックとポルシェ・911タルガ、もちろんどちらもホンモノを潰しているわけではない。カウンタックはレプリカで、911は座席もエンジンも無いいわゆるハリボテである。普通の人からすれば本当にどうでもいいことだけど一応ね。


主題歌『一個好人

総評


★★★★☆

ジャッキー映画の中でもかなり好きな一作。


SS SS SS
映画ブログ 外国映画(洋画)へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する