映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』

トランスフォーマー ロストエイジスクリーンショット

トランスフォーマー・ロストエイジ 原題「Transformers: Age of Extinction」

ディセプティコンとの激戦から4年。発明家のケイド(マーク・ウォールバーグ)はかなり安い値段でトラックを手に入れるが、それは何とオプティマスだった。

そこへオプティマスらトランスフォーマーを取り締まる政府の秘密機関KSIが登場。ケイドと家族はKSIに抗いピンチになるも、オプティマスに助けられる。

そのころ、新しいディセプティコン、ロックダウンが地球に出現。さらにはダイナボットも復活し、オプティマスは捕まってしまう。

シネマトゥデイより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2014年 制作国:アメリカ 監督マイケル・ベイ 出演マーク・ウォールバーグ ニコラ・ペルツ ジャック・レイナー 時間:165分
★★★★☆
安定のマイケル・ベイといった、とにかく派手な演出のオンパレード。ストーリーはあるんだけど、そんなことはどうでもよくなるくらいに激しい、熱い!。「脚本が雑すぎる」「ただのPV映画」そんなことをよく言われるけど、それでいいのよアクション映画は。終盤の香港での激戦、コンベンションセンターが破壊されていく様は圧巻。細かいことは気にせずに鑑賞することをオススメする。
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する