映画『NY心霊捜査官』

NY心霊捜査官PDVD_002_20150828163524a23.jpg

NY心霊捜査官 原題「Deliver Us from Evil」

ニューヨーク市警のラルフ(エリック・バナ)は、何かにとりつかれたかのように不可解な事件を起こした男女を逮捕する。

全く別物に思われた複数の事件の捜査を通し、彼は自分にしか見えない、自分にしか聞こえない何者かの存在を感じていた。

それぞれの現場に残された謎の言葉を見つけ事件が悪霊の仕業であると気付いたとき、ラルフの家族にも魔の手が迫り……。

シネマトゥデイより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2014年 制作国:アメリカ 監督スコット・デリクソン 出演エリック・バナ エドガー・ラミレス オリヴィア・マン 時間:118分 映倫:R-18
★★★★☆
実在する元NY市警巡査部長のラルフ・サーキが書いた手記を原作とした映画。
日本でこういう悪魔や悪魔祓い(エクソシスト)の話は馴染みがないが、本作は宗教がらみの“難しい話”は無く、主人公サーキを中心に起こる超常現象を基に、わかりやすいストーリー展開、それでいて中々見応えのある内容に仕上げている。ジェリー・ブラッカイマー制作だが原作が原作なので、娯楽色は強くない。悪魔祓いのシーンは見もの。
ラルフ・サーキ氏 ドキュメンタリー映像
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する