映画『沈黙の逆襲』

沈黙の逆襲スクリーンショット

沈黙の逆襲 原題『The keeper』


ロス市警のローランド刑事は金に目がくらんだ同僚刑事に裏切られ、拳銃で胸を撃たれる。
なんとか一命を取り留めたローランドを、その刑事が病院に忍び込み、再び彼を殺しに来るが、逆に返り討ちにされてしまう。

この一連の裏切り行為により、彼は同僚もろとも警察からお払い箱。
その後、ロスを離れ、ボディーガードとしてニューメキシコへ向かった。
そこで彼は実業家となった元特殊部隊の上官の娘を守る仕事に就くが、再び仲間の裏切りに合い、マフィアに娘を誘拐されてしまう…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2009年 制作国:アメリカ 監督キオニ・ワックスマン 出演スティーブン・セガール ルース・レインズ リーズル・カーステンス 時間:94分 映倫:PG-12
★★★☆☆
沈黙シリーズ第15弾。セガール主演映画はとりあえず沈黙させとけって配給会社の適当さがにじみ出ている。ストーリーはすこし捻った誘拐救出。「娘かえしてほしけりゃ土地よこせ」といった感じ。ひねりとはいえ、どんでん返しがあるわけでもなく、良く言えば“わかりやすい”ストーリー。沈黙シリーズの中では良作かとは思う。同じ日に公開だった『斬撃』よりは断然おもしろい。
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する