映画『スパイ・レジェンド』

スパイレジェンドスクリーンショット

スパイ・レジェンド 原題「The November Man」

元CIAエージェントのピーター・デヴェロー(ピアース・ブロスナン)。静かな引退生活をしていた彼は、元同僚たちが次々と殺されているのを知り助けに向かうが、その矢先、愛していた元同僚女性が無残にも殺されてしまう。しかもその犯人はかつて自分が所属していたCIAだった。

事件の全貌を解決するため、デヴェローは自ら育てた現役CIAエージェントのメイソンと緊迫の攻防を繰り広げる。しかし、事件の裏にはロシア大統領選をめぐる国際的陰謀が隠されていた。

汚職まみれの大統領候補者とCIAとの裏のつながりを知るミラを探し出すため、彼女と最後に交流のあったソーシャルワーカーのアリスに接触するのだったが・・・。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

公開年:2014年 制作国:アメリカ 監督ロジャー・ドナルドソン 出演ピアース・ブロスナン オルガ・キュリレンコ ルーク・ブレイシー 時間:108分
★★★★☆
5代目ジェームズ・ボンドを演じたピアース・ブロスナンが魅せるスパイアクション。
ロシアも絡む国際的陰謀を扱っているにも関わらず、よくまとめられた脚本でストーリーは2転3転し、なおかつ複雑すぎずテンポも良い。ブロスナン含め配役のバランスも良く、スパイ映画として非常に仕上がりの良い一作であった。
007よりも容赦のない冷淡なブロスナンにも注目。
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する