海外ドラマ『ブレイキング・バッド S1~S3』 家族のために麻薬製造

entry_img_207_ee.jpg

ブレイキング・バッド 原題「Breaking Bad」

2008年~2013年(season5) アメリカ


制作 ヴィンス・ギリガン
出演 ブライアン・クランストン アーロン・ポール アンナ・ガン


アメリカ・ニューメキシコ州アルバカーキ。
平凡な化学教師ウォルター・ホワイト(ブライアン・クランストン)は、第二子を身籠っている妻と脳性麻痺の息子を養うため、放課後は洗車屋でアルバイトまでしながら、なんとか平穏な暮らしを保っていた。

ところが、50歳の誕生日を目前にひかえたある日、肺癌で余命僅かと宣告を受ける。
このまま自分が死んでしまったら、家族に残るものは財産ではなく膨大な借金だけ・・・。

その時、ウォルターが思いついた人生最後の賭け、それは化学の知識を駆使した“超高純度ドラッグ精製"だった。
善と悪は表裏一体。温厚で生真面目だった男は、愛するものを守り抜くために“道を踏み外していく。

Amazon.co.jpより



 capture-20140830-173342.jpg capture-20140830-174119.jpg

解説


映画そっちのけでハマってしまう海外ドラマ。時間がないと観るのをあきらめてしまう映画に対し、無理やりにでも時間を作り見ようとしてしまう海外ドラマの中毒性は、ハッピーターンをはるかに上回る


それはさておき、今回はまたもやそんな自身の映画鑑賞時間を大幅に持っていた海外ドラマ「ブレイキング・バッド」をご紹介。現在国内でリリースされている、シーズン1~シーズン3までの感想なのであしからず。


あらすじは上記のとおりで、
肺がんを宣告された真面目な化学教師が、家族に金を残すため、麻薬製造の道へ踏みこんでゆくというオハナシ。


感想


すばらしい、ほんとに。


まずなにより題材が面白い。家族のために犯罪に手をそめる真面目で平凡な化学教師。
余命を楽しく生きるというヒューマンドラマはよく見かけるけれど、余命を犯罪者として生きる物語というのは自分の知る限りではほとんどない。


そしてそれが映画ではなく、何話も続くドラマということで、かなり見応えのあるストーリーになっている。


ドラマはネタばれになりやすいし、この記事を読んだ方には是非とも観ていただきたい作品なのであまり詳しくは書かないが、単に麻薬製造に手をそめる主人公の話だけでなく、それに伴って起こる家族とのすれ違い、なおかつ麻薬の世界に足を踏み入れてしまったがための報いを、シリアス、かつブラックジョークを交えて描いている。


どことなく不安を感じさせる演出と雰囲気が、変に気取っていないというか、いい意味でテレビドラマらしくない
同じAMCの『ウォーキング・デッド』も観ているが、雰囲気作りは似たものを感じる。ブラックジョークは無いけど。






capture140534.png


一応この2人が主人公ということで話は進んでいく。真面目なウォルターに対し、ヤクの売人でジャンキーなジェシーという正反対の性格を持つ2人が、次第に互いを信頼するパートナーになっていく様は、ひとつのヒューマンドラマを観ているかのよう。


自分も含め、勘違いしていたことなのだが、決して麻薬業界で成りあがっていく物語ではない
極めて現実的に、だが大胆に、すごくゆっくりなんだけど、話数を重ねるごとに着実に展開していく、シーズン3からさらに面白くなる本作は、ドラマにおけるマンネリ化という言葉を微塵も感じさせなかった。


言ってしまうと脚本が完璧なのである。


面白いドラマでも、見慣れてくると‘夢中’が続く時間てのは短くなってきて、たった1話見終えるのにも長いなと感じてしまうことが、今まで観た中では少なからずあった。しかし本作はそれが全くなく、どの話も、「もう40分も経過したの?」、てな状態の連続。


見始めたきっかけは単純にシーズン1-1を無料レンタルしてたからなんだけど、そこからのハマり具合、個人的な「続きを見たい衝動」がトップクラス。『ウォーキング・デッド』も見始めたころは止まらなかったんだけど、シーズン3あたりから展開の遅さに観るペースは失速してしまった。


現時点ではシーズン3を見終えたところだが、これからどうなっていくのか、シーズン4が楽しみでならないのが今の気持ちである。


総評

★★★★★

こんなにハマったのは久しぶりです


 capture-20140830-174036.jpg capture-20140830-173710.jpg

 
映画ブログ 外国映画(洋画)へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

こんにちは。
いやぁ、自分もかなりアメリカドラマ好きですが、久々の良作続きでびっくりしています。
『ハウス・オブ・カード』
『ブレイキング・バッド』
のいずれかを毎日見てます。
いま、『BB』はシーズン2の初めまで見てますが、やはり続きが気になりますねぇ。

>言ってしまうと脚本が完璧なのである。
仰る通りです
LOSTなんかは、もう惰性で見てましたし、『プリズン・ブレイク』も長い気がしましたね。
『デス妻』も最後は失速気味で・・・・・

2014.10.09 13:31 茶栗鼠 URL[編集] 返信
Re: タイトルなし


茶栗鼠さんこんちは。

視聴率がちょっと伸びると無理にだらだらと引きずるドラマは多いですもんね。
その点ブレイキングバッドはもう完璧です。シーズン2をご覧になってるのであれば、まだまだ面白くなっていきますね。楽しんでください!

『ハウス・オブ・カード』、実は自分も見てまして、なんとなくあの雰囲気とケヴィン・スペイシーの顔に出さずに感情表現する感じ、好きです。まだ3話目ですけど、ちょっとした逆転劇なんかもあって楽しめるんでこれからもちょこちょこ見ていきたいと思ってます(^^)

2014.10.12 01:19 Hiro URL[編集] 返信

管理者にだけ表示を許可する