映画『ベルリンファイル』 渋い!韓国アクションサスペンス

entry_img_178.jpg

ベルリンファイル 英題「THE BERLIN FILE」

2013年 韓国


監督 リュ・スンワン
出演 ハン・ソッキュ ハ・ジョンウ リュ・スンボム


韓国国家情報院のすご腕エージェントであるジンス(ハン・ソッキュ)は、ベルリン市内で行われるアラブ系組織と北朝鮮諜報員ジョンソン(ハ・ジョンウ)の武器取引の情報をキャッチ。

ジョンソンはホテルから脱出して難を逃れるものの、韓国側に情報が漏れていることに不安を抱く。
さらに、北朝鮮大使館の通訳官を務める妻ジョンヒ(チョン・ジヒョン)の二重スパイ疑惑を知らされてがく然とする。

韓国国家情報院の追撃を懸命にかわす中、ジョンソンは自分と妻、さらには宿敵ジンスまでもが巨大な陰謀に飲み込まれていることに気付く。

シネマトゥデイより



 PDVD_001_201312022317076c1.jpg PDVD_000_201312022317094e2.jpg

解説・感想


ハリウッドアクションこそ至高、という単純な脳みそを持っているためか、めったにアジアのサスペンス映画は観ないわけで、今回はアジア映画好きな友人に勧められたので鑑賞。


韓国映画とはいえ、昔洋画劇場見た『TUBE』は面白かった記憶があるし、朝鮮戦争を描いた『ブラザーフッド』も迫力あってよかったし?一概に嫌えないというのが正直なところ。


本作にもいえることなのだが、アクション演出に関してはすでに日本を越えているような気がしないでもない。


あらすじは上記の通り。




結論から言うと、そこそこ楽しめた。


ベルリンを舞台に、韓国と北朝鮮のスパイらが諜報活動に奮闘するという、まあいわゆるスパイ映画なんだけれども、そこにCIAやアラブ、ドイツの諜報機関も介入し、複雑かつ大胆に展開していく物語となっている。


そのことから登場人物は比較的多めで、なおかつ序盤からどさっと出てきたりするので、おそらく序盤の混乱は避けられないだろう。お顔自体は韓国映画にしては違いがはっきりしており、20分ほど見ていればある程度掴めてくるかとは思う。


ストーリーが少々複雑なゆえ、展開がご都合主義なのか妥当なものなのか理解するのが難しく、なによりスパイ事情というものが日本人にはわかりにくい。


それでも登場人物や話の道筋が掴めてくると面白みは増してくる。
裏切りに亡命、送り込まれる刺客など、見ごたえのある展開が続き、アクションシーンも豊富でなおかつ渋い。


アジア映画特有の痛々しい演出はリアルで、肉弾戦もあれば銃撃戦もしっかり盛り込まれている。
ストーリーどうこうよりも、予想外にアクションシーン多かったことが個人的な高評価点。


まあ今回は友人の勧めがあったため鑑賞したが、自分から観ようと思わせるような魅力は無かった。
あくまでも、一韓国映画として楽しめるだけであって、同等、もしくはそれ以上に面白い作品は山ほどある。おせじにも本作に群を抜いた「うわ!すげえ!」となる要素は無い。


てなわけで楽しめるが普通の映画。見て損をすることはないかと思う。


総評


★★★☆☆

どことなく007スカイフォールに似てるような似てないような


 PDVD_005_2013120223222568b.jpg PDVD_002_20131202232226384.jpg

 
映画ブログ 外国映画(洋画)へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する