映画『マックス・ペイン』

マックス・ペインスクリーンショット

マックス・ペイン 原題『Max Payne』


最愛の妻子を惨殺された苦しみに耐えながら、その犯人を追い続けるNY市警の刑事マックス・ペイン。

クラブで誘惑してきたセクシーな美女や “何か”を知っていたドラッグ・ディーラーなど、手がかりを求めて彼が接触する人物は、次々と何者かによって殺害されていく。そして“羽根”のタトゥー、新種の麻薬、正体不明の男と、この殺人事件の陰に見え隠れする謎を追ううちに、いつしかマックスは危険な迷宮へと足を踏み入れていった。

死闘の果てにマックスがみた驚愕の真相とは…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2008年 制作国:アメリカ カナダ 監督ジョン・ムーア 出演マーク・ウォールバーグ ミラ・クニス オルガ・キュリレンコ 時間:100分 映倫
★★☆☆☆
ロックスターゲームスの『MAX PAYNE』を映画化した作品。家族を殺された刑事という設定は前提として始まり、復讐モノになるのかと思いきや、陰謀モノ。個人的に好きな、刑事とチョイワル組織が手を組み、協力して戦おうぜ的なむ展開があったのは良かった。さらにその後ろに警察組織、黒幕と、この微妙な立場で進んでいくストーリーは見ていて面白い。徐々に真相へと迫っていく流れも良い。ただ、期待した“スタイリッシュなガンアクション映画”ではなかった。
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する