映画『遊星からの物体X ファーストコンタクト』 汚物は消毒だー!

entry_img_165.jpg

遊星からの物体X ファーストコンタクト 原題「The Thing」

2011年 アメリカ


監督 マシーズ・ヴァン・ヘイニンゲン・Jr.
出演 メアリー・エリザベス・ウィンステッド ジョエル・エドガートン ウルリク・トムセン


どこまでも雪と氷が広がる南極大陸。

考古生物学者ケイトは、氷の中で発見された、太古の昔に死んだと思われる生命体の調査のため、ノルウェー観測隊の基地へと降り立った。

しかし、“それ"は、まだ生きていた。

調査の中、ケイトたちが解き放った物体は、狙いをつけた生物の体内に侵入、細胞を同化して、その生物になりすまし、自らの生存のため人間同士を争わせようとする宇宙からの生命体だったのだ…。

Amazon.co.jpより



 capture-20131019-202816.jpg capture-20131019-203551.jpg

解説


映画好きと言うわりに見ていなかった前作『遊星からの物体X
昨日ようやく見終え、中々面白かったので今回、ファーストコンタクトを鑑賞。


82年公開の前作『遊星からの物体X』の前日譚であり、最終的にヘリコプターでわんこを追う前作の冒頭シーンへ繋がるストーリー構成になっている。


監督はマシーズ・ヴァン・ヘイニンゲン・Jr.。すいませんよく知らないです。



あらすじは上記の通り。


capture-20131019-203334.png1982年、ノルウェーの南極観察隊により発見された巨大宇宙船と、氷に包まれた地球外生命体。

いわゆるエイリアンを発見したことで歓喜する基地の隊員たちだったが、その夜、氷漬けだったそれが、氷を粉砕し施設外へと逃亡。

なんとか事態を収拾した隊員らだったが、飼育していた犬と隊員の一人が惨殺された。

調査するうちに、それは生物を襲い、吸収し、擬態するということが明らかになり、それと共に、この場にいる誰かがすでに擬態しているのではという恐怖と疑心暗鬼が隊員たちを襲うのであった。


感想


おもしろかったけど…


デンデン、と聞き覚えのあるBGMで始まる冒頭。
雪上車や、位置関係なども含めしっかりオマージュしてるなーと感心。


展開も早く、じわじわ溶け出すのかと思っていた“生き物”も、比較的早い段階で氷を飛び出し活動開始。これといった死亡フラグなどもなく、あっという間に隊員1人をモグモグ。


“生き物”自体の特徴は前作で十分に予習済みとなっているため、これといった驚きは無いが、あの気持ち悪さは相変わらず。 普段デフォルメにデフォルメを重ねた可愛らしいエイリアンばかりみている我々に、夢を見すぎといわんばかりにウネウネしているそれは、30年の時を超えてよりリアルになっていた。


個人的には82年版のウネウネにネバネバも加えたアマトロニクスクオリティの方が好きだけどね。






capture-20131019-205259.pngそして“生き物”が人間に擬態しているという例の展開。
前作では血液に熱を加えるという手段で見分けていたが、今回もなるほどなと言える方法で、多少斬新ではあるものの、人間であるということを確実にできる良い発想。


さすがマクレーンの娘だね。





後半にかけて、倒しては襲われのドタバタ展開。
前作のノルウェー基地の状態に忠実にするための若干わざとらしい演出がちらほら


まあそれは仕方がないとして、個人的に一番気になったのが宇宙船内部のシークエンス。
もっと謎めいた怪物であってほしかったという思いが自分の中にあったのか、宇宙船内部の妙にメカメカしい機械仕掛けな感じが、なんともイメージが壊された感じでがっかり。


ラストもハッピーエンドともバッドエンドともとれない妙な展開で、どうせなら思い切りバッドエンド(前作冒頭の2人以外全滅)にしたほうが、前作への流れとしてはよかったんじゃないかなあと思った。


総評

★★★☆☆

面白かったんですけどなんかこう、もうひと押しほしかったですね。


 

 capture-20131019-210056.jpg capture-20131019-205954.jpg

 映画ブログ 外国映画(洋画)へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する