映画『13F』 もしこの世界が現実じゃないとしたら?

13F.jpg

13F 原題「The Thirteenth Floor」

1999年 アメリカ


監督 ジョセフ・ラスナック  製作 ローランド・エメリッヒ
出演 クレイグ・ビアーコ アーミン・ミューラー=スタール ヴィンセント・ドノフリオ


コンピューター・ソフトの開発者ダグラスは、仮想空間を創造、コンピューター内に1937年のロサンゼルスを再現しようとしていた。

だがボスのフラーが殺され、容疑者となったダグラスには、アリバイが無いどころか、犯行時間の記憶自体を失い、彼の部屋には血のついたシャツが残されていた。

事件の真相を追ううちに1937年と現在にパラレル・ワールドが存在し、そこで危険な二重生活が展開されていることを知る。

Amazon.co.jpより



 capture-20131005-110906.jpg capture-20131005-115317.jpg


解説


TSUTAYAに行く機会があったので借りてきた一作。
隠れた名作と評価が高く、実は前々から見たいと思っていたわけで、ちょっぴり期待して鑑賞。


製作はローランド・エメリッヒだよ。


あらすじは上記の通り。



仮想空間、いわゆるバーチャルリアリティを研究している主人公ダグラス・ホール
が、とある夜に彼のボスであるフラーが殺され、ダグラスはその容疑者となってしまう。

フラーは殺される直前まで、研究中であった仮想空間の世界に足を踏み入れており、ホールは真相の手掛かりを見つけるため、自身もその世界に乗り込んでいくのだった。


感想


仮想空間をテーマにした映画っていうと、「マトリックス」だとか「ゲーマー」なんていうSFアクション系が思い浮かぶけど、この映画はストーリー重視でアクションは少なめ。


取っ付きにくいタイトルと、ジャケットのどことなく古臭い感じは、まあまずTSUTAYAで見つけてもパッケージ裏を確認するなりそっと棚へ戻しそうな一品である。でも



普通におもしろかった


capture-20131005-115511.png殺人の容疑を晴らす手掛かりを見つけるため、現実と仮想空間をむやみに行き来してしまったダグラスさん。
ついには、仮想世界の住人が自分たちが作り物であると気づいてしまう


中盤まではそんな風に展開していくんだけれども、これだけにとどまらないストーリーは中盤から二転三転し、その引き込み具合がすごく良い。


比較的テンポもよく、会話シーンが多めだが物語自体が楽しめるので飽きは来ない。
仮想空間で起きることをよーく観察していると、きっとあることに気がつくだろう。






中盤にネタバレレベルの伏線が張られているのだが、観客がそれを深読みしないような演出になっているのはうまいもんだと感心した。


話は若干複雑だが、登場人物も基本的に現実と仮想空間の一人二役なので、ミステリーものでありがちな、名前がごっちゃになるというようなこともない。



そして90年代当時に予想された近未来、どこか閉塞感のある青白い色調が作品によくマッチしている。
その妙な閉塞感もオチの伏線になるよう計算していたというのなら、製作人はとんでもない天才。



capture-20131005-111049.png30年代ロスも、所詮は仮想空間と言えるようなどこか箱庭間のある感じは、あえてそうしてのかは判らないが素晴らしい。
作りすぎていない”というのがいいんだよね。



伏線も各所に盛り込まれており、それはそーいうことだったのね!という伏線回収は脳にも心地よい。


ネタバレなしでいきたいのであまり詳しいことは書けないが、純粋に楽しめる映画であった。


総評

★★★★☆

隠れた名作とはよく言ったものですね。おもしろかったです


 capture-20131005-115653.jpg capture-20131005-112524.jpg

 
映画ブログ 外国映画(洋画)へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する