映画『サブウェイ123 激突』

サブウェイ123 激突スクリーンショット

サブウェイ123 激突 原題『The Taking of Pelham 1 2 3』


午後2時、ニューヨーク地下鉄運行司令部で働くガーバーは、ペラム発1時 23分の電車「ぺラム123号」が緊急停止したことに気付く。

その電車はなぜか1両だけほかの車両と切り離されて停止していた。
胸騒ぎを覚えたガーバーが無線連絡すると、ライダーと名乗る男が人質19名の命と引き換えに、残り59分で1,000万ドルを市長に用意させるよう要求してくる。

無線を通じて彼らと粘り強い交渉を続け、警察監視の元、人質の解放と事件解決を図るが…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2009年 制作国:アメリカ 監督トニー・スコット 出演デンゼル・ワシントン ジョン・トラボルタ ジョン・タートゥーロ 時間:105分
★★★☆☆
ストーリーは人質事件モノ。とくにひねりもなくシンプル、淡々と話が進んでいく。決して面白くないことはないが、トニー・スコットというところに期待すると肩透かしを食らう感じ。デンゼル・ワシントンとトラボルタのお喋りがメインで、脇役がでしゃばって物語に影響を与えることはない。感情の描写は非常に丁寧で、緊張感はすごい。もうすこし盛り上がる何かがあってほしかった。
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する