ポップコーンのある毎日
Twitter facebook rss rss
モッピー!お金がたまるポイントサイト
Category
Profile

 Hiro

管理人:Hiro(ヒロ)
洋画とポップコーンが大好き。

評価について

★★★★★(一覧)
人におすすめしたい傑作。

★★★★☆(一覧)
純粋に楽しめるおすすめ作品。

★★★☆☆(一覧)
ふつう。見て損はしない。

★★☆☆☆(一覧)
ちょっとおすすめできない。

★☆☆☆☆(一覧)
観ないほうがいい。


クリックお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Blog Ranking
Link










  FC2

  TSUTAYA


  Wikipedia

Form

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する

【映画】 パーフェクト・トラップ

パーフェクト・トラップ

パーフェクト・トラップ 原題「THE COLLECTION」

2012年 アメリカ

監督 マーカス・ダンスタン
出演 ジョシュ・スチュワート エマ・フィッツパトリック リー・ターゲセン

友人に誘われ、少し怪しげな地下倉庫のダンスパーティに行ったエレナ。

しかしそこは、殺人のための罠が仕掛けられた恐怖の館だった。 切り刻まれ圧縮され、一気に虐殺される人々。逃げ惑い箱の中に閉じ込められたエレナだったが、箱の中から恐ろしい光景を目にしてしまう。

一方 父親は娘を救出するために捜査チームを組織、そこに“ザ・コレクター"のワナから生き延びたアーキンを招集する。“罠館"に向かうアーキンと捜査チームだったが…

Amazon.co.jpより

詳細とレビューは下の「続きを読む」をクリック



 PDVD_010_20130625223432.png PDVD_003_20130625223433.png


≪感想・解説≫

映画の規制がまだまだ行き届いていなかった数年前のニコニコ動画。
そんな中ひときわ目にとまったタイトルが「ワナオトコ」。その淡白な題名と、ただならぬサムネイルで思わずクリックしてしまったのもつい昨日の事のよう。

とまあそんな思い出話はさておいて、今回は異色のスプラッターホラーで、ごくごくごく一部の映画マニアの中で話題となった「ワナオトコ」の続編、「パーフェクト・トラップ」でございます。

あれだけタイトルがダサいと言われちゃったら変えてしまう他ないよね、でも個人的に「ワナオトコ2」でもわかりやすくていいんじゃね?なんて思ってみたり。



さてストーリーは上記の通り。

PDVD_ss003.png大金持ちの一人娘であるエレナは、友人の誘いで怪しげな地下倉庫のダンスパーティに参加する。しかしそこで、見知らぬ女とキスを楽しむ彼氏の姿を発見、ショックを受けたエレナは彼氏の顔面にパンチをくらわせその場を立ち去ってしまう。

落ち着こうと奥の部屋に駆け込んだエレナ、しかしそこには怪しげなトランクが置かれており、好奇心のあまりその箱を開けてしまう
すると中から血まみれの男(前作の主人公アーキン)が飛び出し、同時に突然機械音が鳴り響く。

それはまさしく殺人トラップのスイッチであり、ダンスフロアの天井から回転式コンバインの刃降臨。次々に肉片と化していく参加客、その場を逃れた人々も仕掛けられていた他の罠にかかり死亡。

奇跡的に生き残ったエレナだったが、すかさず拉致され人質にされてしまう。 なんとか逃げ切ったアーキンは病院へ
このことを知ったエレナの父は傭兵部隊を召集、エレナの救出を図るのだった。




とまあ殺人トラップから奇跡的に生き延びだが拉致されてしまったエレナの救出作戦物語


PDVD_007_20130625223659.png映画前半はワナオトコさんの華麗なる虐殺劇を見るお時間。

回転式コンバイン刃で踊りを楽しむ人々をまとめてミンチにしたり、
逃げ惑う人を原始的なトラップで閉じ込め、天井降下!圧縮!


CGも多めで精神的に参るような描写はないが、圧縮だけは個人的にムリな部類。SAWにも同じようなシーンがあったが、それに比べると単にボキッとかグッチャとかの効果音があるだけでぬるい感じ。


PDVD_012_20130625223701.png
で、なんだかんだあって、エレナの父親の依頼で組織された選りすぐりの傭兵部隊と、前作の主人公で今作冒頭の生き残り、アーキンが、ワナオトコさんのアジトへ潜入。こっからが本作のメイン。

PDVD_013_20130625224113.pngまあアジトの中でどんな対決が繰り広げられるかは見てのお楽しみ。

今作ではワナオトコさんの感情的な面もみることができ、より人間的な部分を見せてくれる。
よーくみるとつぶらな瞳をしてるんだぜ?


傭兵さんたちについてだが、こいつらが頼りないったらありゃしない。第一皆とってつけたような面々で、ろくな武器を持ってない。強敵のアジトに潜入するのに武器がリボルバーとか短銃身のレミントンとか。田舎町の保安官でももっといい武器もってるっつーの、それに…、っと細けえこたあいいんだよって突っ込まれそうなのでやめておく。



んで前作の主人公アーキンはやっぱり頼れる存在。前作で脱出しただけあるわ、なんて関心(前作ラストでまた捕まったけどね)


全体的に突っ込みどころが多く、前作に比べ雰囲気も暗くない。いうなれば娯楽性の高い作品ではあるが、82分というコンパクトな尺の中、終始ハラハラドキドキさせてくれる内容にはなっているので、比較的楽しめる映画ではある。

欲を言えば、前作のように暗く不気味な雰囲気にしてほしかった。ゴア表現も減り、今作は痛々しさで誤魔化しているように思える。R指定も18から15へ落とされた。


≪総評≫

★★★☆☆

なにか物足りなかったです。期待値が高すぎたのかな?




 PDVD_014_20130625224502.png PDVD_018_20130625224504.png


他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。