【映画】 フライペーパー! 史上最低の銀行強盗

フライペーパー! 史上最低の銀行強盗

フライペーパー! 史上最低の銀行強盗 原題「Flypaper」

2011年 アメリカ

監督 ロブ・ミンコフ
出演 パトリック・デンプシー アシュレイ・ジャッド ティム・ブレイク・ネルソン

慌ただしい閉店間際のとある銀行。窓口係のケイトリンは大量の小銭を両替しに来たハンサムだけどちょっとおかしなトリップという男の応対をしていた。

その時、一発の銃声が銀行内に響き渡る。現れたのは完璧にハイテク武装した三人組の銀行強盗、だけかと思いきや別方向から現れたのはTシャツ、短パン姿というコンビニ帰りのような出で立ちの銀行強盗コンビ。

なんと同時に別々の二組の銀行強盗が襲撃してきたのだった!

Amazon.co.jpより

詳細とレビューは下の「続きを読む」をクリック



PDVD_006_20130211153441.png PDVD_001_20130211153442.png


≪感想・解説≫

配給:アルバトロス…

TSUTAYAの準新作コーナーで発見。当たり外れが大きい配給会社だけに、多少の迷いはあったものの「銀行強盗モノ」ということもあって一応レンタル。


あらすじは上記の通り。

PDVD_025_20130211160529.png同時刻に同じ銀行を襲撃し鉢合わせとなった2組の強盗団。1組はハイテク機器を装備したプロで金庫狙い。もう1組はTシャツと短パンのお間抜けコンビでATM狙い
互いに銃を向け合い緊迫した状況の中、突如一発の銃声が鳴り響き、一人の客に命中、銃撃戦に発展する。

100ドルを両替に銀行を訪れていた主人公のトリップは、銃撃戦の最中、2組の強盗団に「目的が違うのなら別々に仕事を進めればいい」と驚くべき提案をするのだった。



とまぁ、ちょっと変わった銀行強盗モノなのだが、これが大当たり!

パッケージといい、サブタイトルのB級臭さといい、一見するとよくあるドタバタコメディ映画かと思いがちである本作だが、実際は謎解き要素を盛り込んだ、サスペンスコメディ作品といった感じ。


PDVD_017_20130211155200.png
序盤から前半にかけては、先述した通り2組の強盗団が別々に仕事を進め、主人公含む人質はオフィスへ監禁。

もちろん緊張感というものは無く、良くも悪くも新喜劇状態


PDVD_018_20130211155200.png
そして中盤、主人公のトリップが、銃撃戦の時に死亡した一人の客が、
強盗団の流れ弾に当たったにしては不自然な位置にいたことに気がつく。

別に犯人がいるのでは? この辺りから謎解きサスペンス開始



必然だったかのような強盗団の鉢合わせ、新たに起こる殺人、深まる謎、そんなサスペンス要素を見事にコメディタッチで描いており、登場人物のユーモア溢れる茶番劇を楽しみながら、なおかつ謎解きも楽しめる。いわゆる一度で二度おいしいというやつである。

で、そこからは主人公中心にひたすら謎解き。が、もちろんコメディ路線からは外れない。
そして流れは2転3転し、ちょっとしたどんでん返しもあるという、まさしく最後までチョコたっぷりのトッポ設計

全体を通して雰囲気も明るく、クセもない。
尺も88分というコンパクトサイズなので、気軽に見れる良質コメディ映画といえるだろう。

2回目以降も楽しめる内容になっているので、伏線なんかを探ってみるのも面白いかもしれない

≪総評≫

★★★★☆

予算1000万ドル以下のB級コメディ映画の中ではかなり良作かと思われます。

PDVD_024_20130211160046.png PDVD_019_20130211155918.png 

映画ブログ 外国映画(洋画)へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック
こんにちは!

トラックバックさせていただきました(^^)

この映画、ハングオーバーと同じノリを期待していただけに意外性があって楽しめる作品でしたね。

2013.02.14 17:33 無様な愚か者 URL[編集] 返信
Re: こんにちは!

無様な愚か者さんこんにちは!

本作、まさに予想外でした。こういう掘り出し物があるB級映画、ほんとにやめられないですね!

2013.02.14 20:38 Hiro URL[編集] 返信

管理者にだけ表示を許可する

 何だって同時に強盗が?ツイてないぜ…ヤキが回ったか? タイトル:フライペーパー! 史上最低の銀行強盗 公開:2011年 監督:ロブ・ミンコフ 脚本:ジョン・ルーカス、スコット