【映画】 マッチスティック・メン

マッチスティック・メン

マッチスティック・メン 原題「Matchstick Men」

2003年 アメリカ

監督 リドリー・スコット
出演 ニコラス・ケイジ サム・ロックウェル アリソン・ローマン

自らをアーティストと称する詐欺師のロイ(ニコラス・ケイジ)は、度を過ぎた潔癖症に悩んでいた。見かねた相棒のフランク(サム・ロックウェル)は、ロイに精神分析医を紹介する。

病気の原因を探る内、ロイは会ったことのない実の娘・アンジェラ(アリソン・ローマン)の存在を思い出し、彼女を探し出す。娘と一緒の時間を過ごすことで、癒されてゆくロイの心。

そんなある日、アンジェラはロイが詐欺師であることを知る。真実を暴かれてしまい、どうして良いのかわからないロイだったが、そんな彼にアンジェラは驚くべき提案をする。なんと彼女も詐欺を手伝いたいというのだ。

その提案に強く反対するロイだったが、彼女の熱意に押され、ついに詐欺を手伝わせることにする…

goo映画より

驚愕のラストにあなたもきっと騙される!

詳細とレビューは下の「続きを読む」をクリック


PDVD_003_20130105140014.png PDVD_005_20130105140015.png


≪感想・解説≫

ニコラス・ケイジ好きな友人に勧められ鑑賞。
監督は「グラディエーター」や「ブラックホーク・ダウン」などのリドリー・スコット。


あらすじは上記にある通り。
重度の潔癖症に悩む詐欺師ロイ(ニコラス・ケイジ)が、実の娘アンジェラ(アリソン・ローマン)との対面を期に、身も心も変わっていくというお話。


いやあ、面白かった!何がって全部。


映画前半はヒューマンドラマのような流れで、ロイの詐欺師としての生活や、潔癖症に悩む姿などが描かれており、比較的コメディタッチでほのぼのとした感じ

へぇ、詐欺ってこうやるんだなぁと関心しながらでも見ているとよい。
PDVD_010_20130105140347.png

そして娘アンジェラとの出会い。 そのアンジェラが可愛いのなんのって

潔癖症でときに妙な挙動を見せるニコラスパパをも何なく受け入れ、食事したり、出かけたり、簡単な詐欺を教えてもらったり、
父と娘という何気ない関係ながらもお互いものすごく楽しそうなのである

見ているこっちまで心が温まるよ。


んで後半。サスペンス突入。

ロイとその相棒フランクが進めていたある詐欺計画の実行日が早まり、やむなくアンジェラを手伝わせることに。
その決断が思わぬ結果を招くのである。


とまぁ内容の紹介はここまで。もちろんネタバレは一切していない

「あ!わかったぞ!アンジェラのせいで計画失敗するんだな!」という予想を立てるのが一般的。
自分も「子供を手伝わせるなんてわかりやすいフラグ立ててんじゃねーよ」なんて映画を観ながら脳内でツッコミを入れていたほどである。

結局どう展開していくのかはもちろん自身の目で確かめてもらいたいが、予想の斜め上な結果であったという人は少なくないはず。

そして何よりこの映画のよい所はエピローグ、いわゆる後日談が描かれているということである。
というのも、「どんでん返しがウリ」という映画はよくあるが、その衝撃をクールダウンさせてくれるエピローグがあるのと無いのとでは、後味というものがえらく変わってくるからだ。

PDVD_020_20130105141206.png
ニコラス・ケイジの演技も素晴らしいものがあり、潔癖症という設定を見事にこなしている。アリソン・ローマンも当時22歳にして14歳の子供を演じているから驚きである。


全体を通して雰囲気は一般的なアメリカといった感じ。クセも無く入り込みやすい

≪総評≫

★★★★☆

★4個ともう半分を付けたいくらいでしたね。面白かったです。

PDVD_019.png PDVD_018_20130105140922.png

 映画ブログ 外国映画(洋画)へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック
No title

こんにちは。序盤見てるとどうなるのか全然わからなかったけど、なんだか終わってみたらしんみりして良い映画でしたね。00年以降のリドリー・スコット作品の中ではかなり好きな部類に入ります。また、アリソン・ローマンが可愛かったのは私も大・同意いたします(ーー;)

※遅まきながらですが新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2013.01.06 16:31 しろくろShow URL[編集] 返信
Re: No title

返信が遅くなってしまい申し訳ございません^^;

しんみりという表現、まさしくですね。あのなんともいえない後味、一瞬にして好きな映画の一つとなりました。アリソン・ローマンの可愛さに関しても共感いただき嬉しい限りです^^

しろくろShowさんのレビュー楽しみにしているので、今後ともよろしくお願いいたします。

2013.01.11 22:58 Hiro URL[編集] 返信

管理者にだけ表示を許可する