映画『アドレナリン:ハイ・ボルテージ』

アドレナリン2 ハイ・ボルテージスクリーンショット

アドレナリン:ハイ・ボルテージ 原題『Crank high voltage』


あれから3ヶ月…
瀕死の状態で運ばれた病院でシェブは奇跡的に命を取り止める。しかしそこで「充電しないと止まってしまう人工心臓」を移植されてしまう。またしても、極限状態に追い詰められたシェブ。

助けを求め、またしても闇医者ドク・マイルスに頼るが、とにかく電気を得る必要があるとのこと。
電流を求め、行動に出るシェブ。果たして、生き続けることはできるのか。そして、盗まれた心臓を取り返すことはできるのか…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2009年 制作国:アメリカ 監督マーク・ネヴェルダイン ブライアン・テイラー 出演ジェイソン・ステイサム エイミー・スマート ドワイト・ヨーカム 時間:96分 映倫:R-18+
★★★☆☆
今回もシンプルに“心臓を取り戻す”というストーリーだが、いろいろとヤバい。前作よりもおバカっぷりはパワーアップ。人工心臓の身体に電流を通す、という時点で真面目に見るもんではない。人をぶっ殺すなんてあたりまえ、競馬場での○○シーンはすごかった。BGMのセンスは良い。発電所のシーンは一体だれが考えたのだろうか。前作同様、テンションの高いときに「ヒャッハー!」って見ることをオススメ。
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する