【映画】 ドライヴ

ドライヴ

ドライヴ 原題「Drive」

2011年 アメリカ

監督 ニコラス・ウィンディング・レフン
出演 ライアン・ゴズリング キャリー・マリガン ブライアン・クランストン

自動車修理工場で働く孤独で寡黙なその男は、卓越したドライビング・テクニックを買われ、映画のカースタントマンとして活躍する一方、夜には強盗の逃走を手助けする闇の仕事も請け負っていた。

そんなある日、同じアパートに暮らす人妻アイリーンとエレベーターで遭遇し、一目で恋に落ちる。次第に距離を縮めていく2人。彼女の夫スタンダードは服役中で、今は幼い息子との2人暮らし。

ほどなくスタンダードが出所してくるが、彼は服役中に多額の借金を背負ってしまい、強盗を強要されていた。男は妻子のためにスタンダードの強盗計画のアシストを引き受けることにするのだが…。

公式サイトより 


詳細とレビューは下の「続きを読む」をクリック



PDVD_013.png PDVD_gg002.png


≪感想・解説≫

ぶっ飛んだカーチェイスを繰り広げるアクションムービーかと思っていたこの映画。どうやら全く違うようで。

実際は真面目なヒューマンドラマ。ちょいサスペンス。ちょいアクション。

ストーリーは上記の通り。
ドライバーと呼ばれる男が、恋した女性の家族を救うため、とある強盗計画の手助けをするというお話。

その強盗計画というのがこの映画の大きな分かれ目。

前半は人間ドラマ中心、後半は復讐ドラマ中心って感じ。

PDVDff_00f7.pngこのドライバーが本作の主人公
車の運転技術は抜群で、映画スタントでは「横転」も難なくこなし、逃がせ屋の仕事ではあのフランク・マーティン以上に警察の動きを知るプロ。

普段は無口だが、アイリーンとその息子には笑顔を見せる一面も。
が、怒らせると問答無用にむごいことをやってのける超バイオレンスボーイ。 

全体的に大きな見せ場はなく、淡々と物語が進んでいく感じなのだが、そんな展開が全く気にならないほどこの映画は「雰囲気」が良い。
舞台であるロスの空気感が伝わってくるというか、ロスの街ってこんな感じというのが見事に表現できている。

そして無駄に“解説”しないセリフ無駄に激しくないBGMがより本作を引き立て、さらにリアルな効果音が各シーンの臨場感を演出している。

物語に意外な展開があったり、どんでん返しがあったりというわけではないし、ラストもスッキリする終わり方じゃない。が、逆にそれがリアルで本作の良いところとも言える。

PDVD_car009.png題名の通り車が関わっている作品なので、車好きには堪らないシーンがあったりするのも事実。冒頭の逃走シーンもそうだし、何より中盤のマスタングとクライスラー300のカーチェイス。

車好き、アメ車好きの自分からしたここまで胸熱なシーンがあったのは嬉しいものである。

全体を通して若干暗めだが、雰囲気も良いし映像も綺麗、そして時折流れるエレクトニック・ポップな音楽が凄く心地良い映画であった。

≪総評≫

★★★★☆

たまにはこういう映画も良いですね。個人的には満足できる作品でした。

PDccVD_003.png ddssf.png

 映画ブログ 外国映画(洋画)へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する

ドライヴ 原題「Drive」2011年 アメリカ監督 ニコラス・ウィンディング・レフン出演 ライアン・ゴズリ

2012.10.26 06:55 まっとめBLOG速報