映画『アドレナリン』ステイサム兄さん暴れる

アドレナリンスクリーンショット

アドレナリン 原題『Crank』


プロの殺し屋シェヴ・チェリオスは、中国系マフィアのボスを仕事で殺したことの報復として、別の殺し屋ヴェローナからペキン・カクテルという中国製毒物を注射されてしまう。

チェリオスが助けを求めた馴染みの闇医者ドク・マイルスは間の悪いことに旅行中で、毒の影響の進行を阻むにはアドレナリンを摂取し続けなければならないと電話で教えてくれる。

それを聞き必死に行動を起こすシェブ。果たして彼の運命は…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2006年 制作国:アメリカ 監督マーク・ネヴェルダイン ブライアン・テイラー 出演ジェイソン・ステイサム エイミー・スマート エフレン・ラミッツ 時間:87分 映倫:R-15
★★★☆☆
おバカでイカれたハイスピードアクション映画。何もかもがぶっ飛んでいる。本来、毒を盛られた主人公が復讐に燃える。というシリアスなストーリーのはずだが、それに至るまでの過程がもうやばい。人をぶっ殺すのは勿論、病院やマートで暴れるわ、ドラッグはやるわ、ついには道端で○○をはじめる始末。他にも過激なシーンの数々。しかしそういう映画として見れば非常に面白いものと言える。 スタイリッシュな映像をテンポよく見せてくれるので、これこそまさにノンストップアクション。 真剣に見る映画ではなく、テンションの高いときに「ヒャッハー!」って見る、そんな映画。地味におすすめ。 
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック
No title

GOOD LUCK

2010.05.13 11:27 某ニコニコユーザー URL[編集] 返信

管理者にだけ表示を許可する