映画『ブラックブック』

ブラックブック

ブラックブック 原題「Zwartboek」

2006年 オランダ ドイツ イギリス ベルギー

監督 ポール・バーホーベン
出演 カリス・ファン・ハウテン セバスチャン・コッホ トム・ホフマン

1944年、第二次世界大戦時ナチス・ドイツ占領下のオランダ。若く美しいユダヤ人歌手ラヘルは、ドイツ軍から解放されたオランダ南部へ家族とともに逃げようとするが、何者かの裏切りによって家族をナチスに殺されてしまう。

復讐のために名前をエリスと変え、ブルネットの髪をブロンドに染め、レジスタンスに身を投じる。そしてナチス内部の情報を探るため、ナチス将校ムンツェに近づき、彼の愛人となることに成功するが…

Amazon.co.jpより

詳細とレビューは下の「続きを読む」をクリック



 変換 ~ PDVD_000 変換 ~ PDVD_002


≪感想・解説≫

監督は「スターシップ・トゥルーパーズ 」「インビジブル」などを手掛けたポール・バーホーベン
本作はそんなブラックユーモア溢れる作品ばかりを撮っているバーホーベン監督による戦争映画である。

第二次大戦時におけるヨーロッパの知識はそれほど無いのだが、バーホーベン氏がメガホンを取ったということで鑑賞。

まぁまず初めに言っておくが、この映画、ただの戦争映画ではない。

ストーリーを見る限り、これまたよくあるナチスの虐殺に必死に対抗するレジスタンスの映画かと思うだろう。確かに間違いではない。が、正しくもない。

というのも、一般的な戦争映画にありがちな、“事実に忠実な映画作り”が完全に取っ払われており、どちらかというと歴史系映画というよりは、ハラハラドキドキを提供する娯楽映画に近い作品となっている。

上記のストーリーにある、主人公ラヘルがドイツ軍に潜入するといったあらすじは、ほんのわずかな要素で、実際ただのスパイ物語ではない。

陰謀や裏切り、人間ドラマ、それはもういろんな要素が盛り込まれており、ドイツ、オランダ、ユダヤの関係を背景として使った、いうなればサスペンス映画である。

次々に失敗するレジスタンスの作戦。裏切り者は一体誰だ!?なんていう感じで見ればよし。


この映画の良いところといったら、善悪を国ごとで決めてないところだろうか。オランダ側にも卑劣な奴はいるし、ドイツ側にも良心のある人はいる。そういう意味で、本作のラヘルとムンツェの関係は見ものかと思う。

144分という長めの尺だが、展開も早く二転三転し、なにより終始見入ってしまうので、飽きもしない。真相も最後までお預けなので十分に楽しめるだろう。

が、一応ポール・バーホーベン監督なので、描写が色々とリアルなので注意。ポロリ満載だからさ

≪総評≫

★★★★☆

戦争の暗い雰囲気はさほどなく、意外と楽しめました。それにしても邦題がシンプルすぎますね。

  変換 ~ PDVD_005 変換 ~ PDVD_007

 映画ブログ 外国映画(洋画)へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
他にこんな映画も観ています
コメント・トラックバック

管理者にだけ表示を許可する