ポップコーンのある毎日
Twitter facebook rss rss
モッピー!お金がたまるポイントサイト
Category
Profile

 Hiro

管理人:Hiro(ヒロ)
洋画とポップコーンが大好き。

評価について

★★★★★(一覧)
人におすすめしたい傑作。

★★★★☆(一覧)
純粋に楽しめるおすすめ作品。

★★★☆☆(一覧)
ふつう。見て損はしない。

★★☆☆☆(一覧)
ちょっとおすすめできない。

★☆☆☆☆(一覧)
観ないほうがいい。


クリックお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Blog Ranking
Link










  FC2

  TSUTAYA


  Wikipedia

Form

この人とブロともになる

映画『セイント』

セイントスクリーンショット

セイント 原題『The Saint』

香港の孤児院で育てられたジョン・ロッシは、後にサイモン・テンプラーと名乗り、得意の変装術とハイテク装備を駆使する怪盗となった。

ある日、サイモンはロシアの石油王イワン・トレティアックの金庫からマイクロチップを盗み出すが、イワンの息子イリヤに追われ、命からがら盗みを達成する。数日後、イワンと取引することになったサイモンだったが、当日彼から新たな盗みを依頼される。それは低温核融合の方程式を、科学者エマ・ラッセル博士から盗み出すというものだった。

渋々承諾したサイモンは、エマに接触を図るが、次第に彼女に惹かれていってしまう。

Wikipediaより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:1997年 制作国:アメリカ 監督フィリップ・ノイス 出演ヴァル・キルマー エリザベス・シュー 
ラデ・シェルベッジア 時間:116分
★★★★☆
『HEAT』('95)などのヴァル・キルマー主演のアクションサスペンス。核融合技術をめぐって起こるいざこざを描いたおはなし。隠れた名作という言葉に偽りはなく、久しぶりに映画らしい映画を見たなと言える、そんな内容。ストーリーの面白さと、見ていて楽しいという娯楽要素を兼ね備え、ラストもすっきり終わるタイプの映画である。特に中盤からが面白く、エリザベス・シュー演じるエマとのラブロマンスがまた良い。ロシアのちょっと重たい雰囲気がネックだが、それでも十分楽しめる映画。おすすめ
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『誘拐の掟』

誘拐の掟スクリーンショット

誘拐の掟 原題『A Walk Among the Tombstones』


ニューヨーク中が連続誘拐殺人事件におびえていた1999年、元刑事のマット(リーアム・ニーソン)のところにある依頼が舞い込む。それは妻を誘拐された夫からの、犯人を見つけ出してほしいというものだった。

マットはこれまでの刑事人生で身に付けた全てのスキルを総動員して誘拐犯の捜索に挑むが、相手もなかなか尻尾を出さず……。

シネマトゥデイより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2014年 制作国:アメリカ 監督スコット・フランク 出演リーアム・ニーソン ダン・スティーヴンス デヴィッド・ハーバー 時間:114分 映倫:G
★★★★☆
リーアム・ニーソン、誘拐と聞くと『96時間』を思わせるが、本作はアクション映画ではなくサスペンススリラー。全体的にシリアスだが暗すぎない雰囲気で、90年代という設定が物語をより挽きたたせている感じ。とにかく魅せ方がうまい。直接的な描写は無いが、狂気をはらんだ空気感はR指定でもおかしくない。秀作。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『グッド・ライ ~いちばん優しい嘘~』

グッド・ライスクリーンショット

グッド・ライ ~いちばん優しい嘘~ 原題『THE GOOD LIE』

カンザスシティーの職業紹介所で働くキャリーは、スーダンから到着したマメールと二人の仲間を空港まで迎えに行く。彼らは内戦で両親を亡くした、“ロストボーイズ"と呼ばれる難民たちだ。

そつなく仕事をこなしてきたキャリーに与えられたのは、電話を見るのも初めての彼らを就職させるという、最難関のミッションだった。

車に乗せれば一瞬で酔うし、牧場を見ると「猛獣はいますか?」と確認、マクドナルドもピザも知らない彼らに最初はイラつくキャリーだが、その成長を見守るうちに思いがけない友情が芽生え、生き方さえも変わっていく…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2014年 制作国:アメリカ 監督:フィリップ・ファラルドー 出演リース・ウィザースプーン アーノルド・オーチェン ゲール・ドゥエイニー 時間:110分
★★★★☆
2000年、アメリカへ渡った難民キャンプ育ちの3人が、まさしくな先進国アメリカで、就職支援にあたるキャシーの支えのもと、あらゆる“初めて”に囲まれ生活していく。その様子を描いたお話。序盤に描かれているロストボーイズたちの子供時代に体験した苦悩の日々と、それ以降に描かれているアメリカでの暮らしのギャップがすごい。本来人間として生きるだけならいたって普通のことが、法や規則というものに縛られ、遮られる。自分たちが日頃感じるモヤモヤをうまく表現している。本作のテーマ“グッド・ライ”、正直その演出が若干薄い気もしたけど、ラストでそんなグッド・ライをバシっと決められ感動したね。瞬間的に感情がこみ上げ涙してしまうのも一つの感動であるが、本作はどちらかというと心にしみじみと来る、そんな感じ。それと今回ロストボーイズを演じた俳優さんたちの演技、すごく良かった。
主題歌『Find A Way
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ピッチ・パーフェクト』アカペラで頂点を目指せ!

タイトルスクリーンショット

ピッチ・パーフェクト 原題『Pitch Perfect』

音楽プロデューサーになるのが夢のベッカ(アナ・ケンドリック)は親の勧めで嫌々ながらも大学へ入学。
そこでひょんなことからアカペラの世界に出会う。最初はダサいと思っていたが、活動を続けるうちに徐々にその魅力に気づき始める。

ガールズアカペラ部で苦手なタイプと思っていた風変わりなメンバーたちとは、時に衝突しながらも次第にお互い自分をさらけ出せる女子の友情が芽生え始め、信じられないくらいに素敵なハーモニーを生み出せるように!

果たして、ベッカと仲間達は競争激しい大学アカペラ界の頂点を目指せるのか!?

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

公開年:2012年 制作国:アメリカ 監督:ジェイソン・ムーア 出演アナ・ケンドリック アンナ・キャンプ ブリタニー・スノウ 時間:112分
★★★☆☆
とある大失態により落ちぶれてしまったアカペラグループが、新たなメンバーを集め再びアカペラ頂点を目指す、そんな内容。正直中盤あたりまでは下品だし絶妙にダサいし同ジャンルの『Glee』と比べると劣る点だらけで退屈してたんだけど、登場人物たちが成長する過程ってのはやっぱり徐々に面白くなってくるもんで、中盤以降は見入っていた。そして終盤で披露されるパーフォーマンスが最高にかっこ良くてちょっと鳥肌もの、前半がダサかったから余計に。終盤まではラストのパフォーマンスを引き立てるための前フリだと思って観ると良いかも。アナ・ケンドリックが最高にキュートなのも見どころのひとつ。
[ comment(0) │  trackback(0) ]