ポップコーンのある毎日
Twitter facebook rss rss
モッピー!お金がたまるポイントサイト
Category
Profile

 Hiro

管理人:Hiro(ヒロ)
洋画とポップコーンが大好き。

評価について

★★★★★(一覧)
人におすすめしたい傑作。

★★★★☆(一覧)
純粋に楽しめるおすすめ作品。

★★★☆☆(一覧)
ふつう。見て損はしない。

★★☆☆☆(一覧)
ちょっとおすすめできない。

★☆☆☆☆(一覧)
観ないほうがいい。


クリックお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Blog Ranking
Link










  FC2

  TSUTAYA


  Wikipedia

Form

この人とブロともになる

映画『イミテーション・ゲーム/ エニグマと天才数学者の秘密』

イミテーションゲームスクリーンショット

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 
原題『The Imitation Game』


第二次世界大戦時、ドイツ軍が誇った世界最強の暗号<エニグマ>。

世界の運命は、解読不可能と言われた暗号に挑んだ、一人の天才数学者アラン・チューリングに託された。
英国政府が50年以上隠し続けた、一人の天才の真実の物語。時代に翻弄された男の秘密と数奇な人生とは―

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2014年 制作国:イギリス 監督モルテン・ティルドゥム 原作:アンドリュー・ホッジス 出演ベネディクト・カンバーバッチ キーラ・ナイトレイ マシュー・グッド 時間:114分 映倫:G
★★★★★
ナチスのエニグマ暗号の解読に奮闘するイギリスの数学者アラン・チューリングを描いたお話。
実話を基に描かれたとは思えないほどまとまりのある映画で、ひとつの歴史的な逸話としても、純粋に映画としても面白い。当然ながらストーリーは“暗号を解読できるのか!?”ってところに焦点を当てて進んでいくんだけど、その側面でアランの天才であるがゆえの苦悩や、まさに頭脳ゲームのような戦争の裏舞台の描写も盛り込まれ、それを伏線などでうまくまとめてるからすごい。50年以上も政府の機密扱いだったってことで映画化もなかったんだろうけど、逆にコンピュータを当たり前のように使う現代だからこそ劇中で登場した装置の凄さが伝わってくる気がする。少しでもコンピュータ関連、電子回路やマイコン、アルゴリズムを噛じったことのある人にはその凄さがわかるはず。とは言え専門的な小難しい話はほとんど無いのでご安心を。そういう意味でひとつのエンタメとしてもおすすめできる一作。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ビッグゲーム 大統領と少年ハンター』想像以上の面白さ

ビッグゲーム 大統領と少年ハンタースクリーンショット

ビッグゲーム 大統領と少年ハンター 原題『BIG GAME』

アメリカ大統領(サミュエル・L・ジャクソン)を乗せフィンランドの首都ヘルシンキに向かい航行中のエアフォースワンに、テロリストによる地対空ミサイルが撃ち込まれた。

大統領は墜落前に緊急脱出ポッドで避難し難を逃れ、フィンランド北部の山奥に着陸。しかしワシントンD.C.の国防総省はポッドの位置を見失い、テロ・グループによる捜索の手が迫る中、孤立無援の大統領を助けたのはシカ狩りをしていた13歳の少年ハンターだった。

厳しい状況下、大統領と少年の戦いが始まる。

Movie Walkerより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2014年 制作国:フィンランド イギリス 監督:ヤルマリ・ヘランダー 出演サミュエル・L・ジャクソン 
オンニ・トンミラ レイ・スティーヴンソン 時間:91分
★★★★☆
ちょっとばかり腰抜けな大統領が、現地の見習い狩人少年と共に、追ってくるテロリストから逃げる追いかけっこ映画なんだけど、これが想像以上の面白さで驚いた。全体の流れはあらすじ通りなんだけど、そこにユーモアあり、男の友情あり、まさかの展開あり、B級らしからぬアクションありで、なおかつテンポも良く、とても楽しく観ることができた。サミュエル・L・ジャクソン演じる大統領がまたいい味だしてるんだよホントに。B級映画ながらも高予算映画に負けないくらい雰囲気は壮大で、何よりBGMが良い仕事してたね。VFXも全然許せるレベル。ラスト、ちょこちょこと説明不足のまま終わった感があったのが残念、尺を伸ばしてもう少し見せて欲しかった。アクション映画としてかなりおすすめ。それよりジャケット写真のB級感どうにかならんのかと言いたい。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『はじまりのうた』

はじまりのうたスクリーンショット

はじまりのうた 原題『Begin Again』

製作した曲が映画に採用された恋人のデイヴとともにイギリスからニューヨークへやってきたシンガーソングライターのグレタだったが、デイヴの浮気により彼と別れて、友人のスティーヴを頼る。

スティーブは失意のグレタを励まそうとライブバーに連れていき、彼女を無理やりステージに上げる。グレタが歌っていたところ、偶然その場に居合わせた落ち目の音楽プロデューサー・ダンの目に留まる。

ダンはグレタに一緒にアルバムを作ろうと持ち掛ける。

Wikipediaより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2013年 制作国:アメリカ 監督:ジョン・カーニー 出演マーク・ラファロ キーラ・ナイトレイ アダム・レヴィーン 時間:105分
★★★☆☆
落ちぶれた音楽プロデューサーと、無名のシンガーソングライターがコンビを組んでバンドを立ち上げる、主人公成長型ヒューマンドラマ。ストーリーは非常にシンプルかつさっらっとした印象で、なんというか良くも悪くもあまり深くまで物語が発展しない。そういう意味ではちょっと物足りなさを感じた。けれど挿入歌はどれも素晴らしく、マルーン5アダムの声も良いんだけど、ナイトレイの淡々とした歌い方も素晴らしい。サクセスストーリー、音楽映画が好きな人におすすめ。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ザ・ギャンブラー/熱い賭け』

ザ・ギャンブラー/熱い賭けスクリーンショット

ザ・ギャンブラー/熱い賭け 原題『The Gambler』

ギャンブル依存症の大学教授ジムは、毎晩カジノに出向いては大金をつぎ込むといった破滅的な生き方をしていた。

そんなある日、金に困ったジムは、危険だとわかっていながらマフィアから大金を借りてしまう。しかし、その借金すらもカジノに消えてしまったことで、返済を迫られたジムはついに命までも狙われるようになってしまう。

窮地に陥ったことで自暴自棄になるジムだったが、教え子のエイミーと親密になったことで、そんな自らの人生を変えようと決意する。

wikipediaより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2014年 制作国:アメリカ 監督ルパート・ワイアット 出演マーク・ウォールバーグ ジョン・グッドマン ブリー・ラーソン 時間:111分
★★★☆☆
ウォールバーグ演じる主人公ジムは本当にどうしようもないギャンブル中毒でなおかつ依存症。そんな主人公が金銭面でとうとう崖っぷちに立たされるんだけど、その境地をどう切り抜けるのか?というのを観る映画。74年公開のオリジナル『熱い賭け』は観ていないけど、きっとリメイクとしては失敗なのだろうと思う。“教え子のエイミーと…”とあらすじ紹介されているが実際にはほとんど主人公に影響を与えていないし、なんというか色々と雑。ひとつ、登場人物たちが皆人情味あふふる感じだったのが良かった。マフィアでさえもどこか優しさや情けを持っていて、グッと来るセリフも多かった。ちなみに秀逸なギャンブルテクニックたるものは一切描かれていないのでその辺に期待しないよう注意。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『チャッピー』意識を持つロボット

チャッピースクリーンショット

チャッピー 原題『Chappie』

2016年―犯罪多発地区、南アフリカ ヨハネスブルグに世界で唯一の“感じ、考え、成長する”AI(人工知能)を搭載したロボットが誕生。
彼の名はチャッピー。

起動したばかりのチャッピーは真っ新でまるで子供のようだが、彼の余命はたった5日間しかない。ギャングにさらわれたチャッピーは、ギャング式の生きる術を覚え加速度的に成長する。
ただ「生きたい」と願うチャッピーの人知を超えた行動に、我々は衝撃の結末を目撃する。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2015年 制作国:アメリカ 監督ニール・ブロムカンプ 出演デーヴ・パテール ヒュー・ジャックマン 
ダイ・アントワード シガニー・ウィーバー 時間:120分
★★★★☆
意識を持つロボットなのは間違いないけど、厳密には意識を“インストールされた”ロボット、それがチャッピー。
ロボコップのような治安維持ロボット『スカウト』のひとつに『意識データ』をインストールすることにより生まれたもので、文字通り本当に生まれたての子供。そしてひょんなことからギャング達に育てられることになっちゃって、どんどんワルに育てられるチャッピー。子供の育ちは育てられ方、育つ環境に依存するっていうのがよく描かれていたね。犯罪の横行する荒廃した世界感はもうお手の物というくらいに醸し出されており、第9地区やエリジウムとよく似ている。国内では何を思ったかハートフルムービーっぽく宣伝されていたけど、そういうのじゃないっつーのね。それと意識をデータ化するという、本当にそのうち実現してしまうのではないかと思える要素はファンタジックである半面、どこか現実味もあってよかった。映画としては十分面白かった。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『フォーカス』恋する詐欺師

フォーカススクリーンショット

フォーカス 原題『Forcus』

犯罪グループのリーダーであり自身も凄腕の詐欺師であるニッキーは、その大胆な手口で次々と大金を手にしていた。そんなある日、彼は女詐欺師のジェスと出会う。ジェスはニッキーを騙そうと近づいたが、彼の詐欺のテクニックに魅了されてしまい、グループの一員となることを決意する。

その後、ジェスはグループの一員として活動していくうちに、瞬く間に詐欺のテクニックを身につけていく。一方ニッキーは、そんな彼女と行動を共にしていくうちに、次第に彼女と惹かれあっていくのを感じていた。ところがニッキーは、そんな関係を終わらせるべく、とある大きな仕事が終わった後、ジェスの前から姿を消してしまうのであった…

Wikipediaより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2015年 制作国:アメリカ 監督:グレン・フィカーラ 出演ウィル・スミス マーゴット・ロビー ロドリゴ・サントロ 時間:105分
★★★★★
騙し騙されるのお話なんだけど、サスペンスではなくどちらかというとラブロマンス色が強い。ラブストーリーのジャンルでも良いくらい。ウィル・スミスの表情の作り方はほんとに感心するばかり、アクション映画も十分に似合うんだけど、こういう演技派でもあるからすごい。公式サイトなどで紹介されているストーリーが意味深なもんだから、観ている間変な詮索ばかりしちゃってたけど、その予想を上回る展開ばかり。詐欺の手口が巧妙で驚くのもあるけど、ストーリー展開自体が予想外すぎたね。おすすめ
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『道化死てるぜ!』ピエロの復讐

道化死てるぜ!スクリーンショット

道化死てるぜ! 原題『STITCHES』

リチャード・グリンドルは、ワンパターンで退屈な、子供たちの誕生日パーティーでの道化師仕事にうんざりしていた。今日も、トミー少年とやらの誕生日パーティーのお仕事だ。

道化師のつまらない芸に、落ち着きのない子供たちは芸の邪魔をして大喜び。子供たちのいたずらはエスカレートし、それが原因で道化師は不慮の事故で絶命してしまう。

6年後。彼らは成長し、反抗的な少年たちに育っていた。あの忌まわしい事故以来となる、トミーの16歳の誕生パーティーを準備中だ。 パーティーが始まり、唯一の招かれざる客、道化師グリンドルが姿を現す。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

公開年:2012年 制作国:アイルランド 監督:コナー・マクマーン 出演:ロス・ノーブル トミー・ナイト ジェマ・デヴェロー 時間:86分 映倫:R-18
★★☆☆☆
悪ガキに誤って殺されてしまったピエロが、生き返って復讐するお話。
R指定だしスプラッター目当てで観たんだけど、何というかただただ汚い。ピエロのキャラを生かした殺し方はサイコキラーの中では個性的でバラエティ豊かだけど、特に目新しいものでもなく拍子抜け。変に期待しすぎたかな。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『マーシャル・ロー』

マーシャル・ロースクリーンショット

マーシャル・ロー 原題『The Siege』


ブルックリンでテロリストによる爆破事件が勃発。テロ対策本部長に就任したFBIのハバード捜査官が事件現場へ行くと、そこにはなぜか管轄外のCIA諜報員エリースが捜査に乗り出していた。

エスカレートするテロに街では一触即発の緊張が高まり、ついに戒厳令(マーシャル・ロー)が発令される。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:1998年 制作国:アメリカ 監督エドワード・ズウィック 出演デンゼル・ワシントン アネット・ベニング 
ブルース・ウィリス 時間:116分 
★★★☆☆
テロと闘うFBI捜査官の活躍を描くアクションサスペンス。
硬派なアクション映画といった感じで、そのシリアスな雰囲気とマンハッタン中を巻き込むストーリー展開はなかなか見ごたえのあるものになっている。マンハッタンやブルックリンにマーシャルロー(戒厳令)が発令される映画なんていうのは、テロに一層敏感な今となっては企画するのも難しいであろう内容。キャストも豪華なのでアクション映画やテロものに興味があるなら観て損はない。雰囲気は好き。
[ comment(2) │  trackback(0) ]