映画『レッド/RED』あなたのツルツル頭最悪

レッドスクリーンショット

RED/レッド 原題『RED』


フランク・モーゼズは、アメリカ政府からの年金で静かな引退生活を送る50代の独身男性。唯一の楽しみは、年金課の担当であるサラとの電話での会話だった。

ところが、そんなある夜、謎の襲撃を受ける。フランクは元CIAのトップエージェントで、かつて関わった極秘任務が原因でCIAから抹殺命令が下されたのだった。フランクは身の危険を感じ、自分と繋がりのあるサラを守るため有無を言わせず職場から拉致し、かつての“仲間”たちのもとへと向かった…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2010年 制作国:アメリカ 監督ロベルト・シュヴェンケ 制作ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ 出演ブルース・ウィリス モーガン・フリーマン ジョン・マルコヴィッチ 時間:111分
★★★★★
『フライトプラン』('05)のロベルト・シュヴェンケ監督と『ソルト』('10)のロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラが送るスパイアクション。豪華キャストだが、俳優陣のイメージを生かしつつ、それぞれに合う役柄で大活躍している。ストーリーはシリアスでありながらコミカルな演出で、観客に飽きを感じさせない。テンポもよく、どんでん返しもありながらオチもしっかりつけているという完璧さ。映像も綺麗で映画自体は非常に丁寧な作り。笑って楽しめるおすすめ娯楽映画。
[ comment(0) │  trackback(0) ]