ポップコーンのある毎日
Twitter facebook rss rss
モッピー!お金がたまるポイントサイト
Category
Profile

 Hiro

管理人:Hiro(ヒロ)
洋画とポップコーンが大好き。

評価について

★★★★★(一覧)
人におすすめしたい傑作。

★★★★☆(一覧)
純粋に楽しめるおすすめ作品。

★★★☆☆(一覧)
ふつう。見て損はしない。

★★☆☆☆(一覧)
ちょっとおすすめできない。

★☆☆☆☆(一覧)
観ないほうがいい。


クリックお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Blog Ranking
Link










  FC2

  TSUTAYA


  Wikipedia

Form

この人とブロともになる

映画『斬撃 -ZANGEKI-』セガールゾンビアクション

斬撃スクリーンショット

斬撃 -ZANGEKI- 原題『Against the dark』


街に謎のウイルスが蔓延。
人々は生きた人肉を食べ生き血を吸うゾンビと化してしまう。

タオ(スティーヴン・セガール)率いるゾンビハンターは病院内に取り残された6名の生存者を
救出するため、謎の凶暴化ゾンビが潜む院内へ突入。
しかし既に政府の爆破タイムリミットが目前に迫っていた…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2009年 制作国:アメリカ 監督:リチャード・クルード 出演スティーヴン・セガール タノアイ・リード ジェナ・ハリソン 時間:94分 映倫:PG-12
★☆☆☆☆
セーガル初のゾンビもの。セガールと言うからには「ゾンビをバッタバッタとなぎ倒していく」という内容かに思えるが、全く違う。セガールは主人公ではなく完全な脇役、刀のようなものを振り回すだけという貧弱っぷり。主人公は病院内にいた生存者。ゾンビとは言っているが、映画内では、吸血鬼、感染者と呼ばれている。それにこのゾンビたち、なんと意思がある。人を吊り上げるわ、左右を確認するわ、おまけに言葉を話すゾンビまでいる始末。登場人物もバカが多く、とにかく単独行動が好きな連中。いろいろと適当で突っ込みどころありまくりでセガール拳法も一切なし。これは見ないほうが良い。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『サロゲート』

サロゲートスクリーンショット

サロゲート 原題『Surrogates』


近未来。人々が、あらゆる社会活動を代行する身代わりロボット“サロゲート”を操作して生きる時代。それは、犯罪や殺人とは無縁の安全な世の中のはずだった―。

しかし、ロボット開発者に関係するひとりの大学生が殺され、極秘の捜査に当たることになったFBI捜査官グリアー(ブルース・ウィリス)は、次第に事件の裏に潜む恐るべき巨大な陰謀にたどり着く・・・。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2009年 制作国:アメリカ 監督ジョナサン・モストウ 出演ブルース・ウィリス ラダ・ミッチェル ロザムンド・パイク 時間:89分 映倫:G
★★★★☆
『ターミネーター3』('03)のジョナサン・モストウ監督が放つSFアクション。サロゲート、いわゆる身代わりロボットが全世界に浸透した状態でのお話。なかなか凝った脚本で、「なんだと…!?」な展開もあり、89分とは思えないほど詰め込んでいる。サロゲートに反対する団体との違いもうまく描かれており、真の人間の恐ろしさがわかる。映像の色彩も良くとても綺麗。誰もが入り込める雰囲気で、ストーリーも凝っているが難しい話ではない。簡単にSF映画を楽しみたいならかなりおすすめ。この世界での麻薬は電気なのが面白いね。軽くショートさせて快感を得るのかな?
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ネバー・サレンダー 肉弾突撃』

ネバー・サレンダー 肉弾突撃スクリーンショット

ネバー・サレンダー 肉弾突撃 原題『THE MARINE 2』


抜群の狙撃の腕を持つ海兵隊員のジョーは、妻のロビンと高級リゾート地で久々の休暇を楽しんでいた。

しかしその夜、パーティーの花火に紛れて放たれたのは無数のミサイル! 激しい炎と煙の中、謎のテロリスト集団が急襲して会場を占拠する。

彼らは身代金を要求し、24時間以内に従わなければ人質全員を殺すと宣言。怒り狂うジョーはテロ集団の巣へ決死の潜入を試みるのだが…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2009年 制作国:アメリカ 監督:ロエル・レイネ 出演テッド・デビアス・Jr マイケル・ルーカー テムエラ・モリソン 時間:92分
★★★☆☆
ストーリーはありがちな人質救出系で、テロリスト集団の言い分が「お前らは、俺たちの国に異国の文化を持ち込んだんだ!金はらえコラ」って感じで、正直もっとましな理由は作れなかったのかと。とにかくそれが気になった。特に謎解きや犯人探しみたいなものは無く、いかに人質を救出するかをアクションと共に楽しむ映画。前半の展開は斬新だったりして楽しめるんだけど、後半になるにつれて、若干投げやりな感じになってたかな。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ブレーキ・ダウン』

ブレーキ・ダウンスクリーンショット

ブレーキ・ダウン 原題『Breakdown』


車で大陸横断旅行中のジェフとエイミーの夫婦は、その途中、故障で砂漠で立ち往生してしまった。

エミーは通りすがりのトラックに同乗して修理の手配をしようとするが、そのまま彼女は行方不明になってしまい、やがてジェフにも正体不明の男たちが襲いかかってきた…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:1997年 制作国:アメリカ 監督ジョナサン・モストウ 出演カート・ラッセル キャスリーン・クインラン J・T・ウォルシュ 時間:95分
★★★★☆
旅行中に車が故障し、妻は通りかかったトレーラーの男と共にレッカーを呼びにいく。と思いきや行方不明、捜索のため近くのレストハウスに立ち寄るも、妻の姿は誰も見ていないという…。そんな“誰も知らない”という恐怖感がじわじわとくる。設定が誰しもに起こりそうなことだからなおさら。ホラーではないので、驚かすようなびっくり演出はない。ある程度のところまで進むと、恐怖感ではなく闘争心が沸きあがってくるような感じ。面白かった。カート・ラッセルがいい味出してたね。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『マックス・ペイン』

マックス・ペインスクリーンショット

マックス・ペイン 原題『Max Payne』


最愛の妻子を惨殺された苦しみに耐えながら、その犯人を追い続けるNY市警の刑事マックス・ペイン。

クラブで誘惑してきたセクシーな美女や “何か”を知っていたドラッグ・ディーラーなど、手がかりを求めて彼が接触する人物は、次々と何者かによって殺害されていく。そして“羽根”のタトゥー、新種の麻薬、正体不明の男と、この殺人事件の陰に見え隠れする謎を追ううちに、いつしかマックスは危険な迷宮へと足を踏み入れていった。

死闘の果てにマックスがみた驚愕の真相とは…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2008年 制作国:アメリカ カナダ 監督ジョン・ムーア 出演マーク・ウォールバーグ ミラ・クニス オルガ・キュリレンコ 時間:100分 映倫
★★☆☆☆
ロックスターゲームスの『MAX PAYNE』を映画化した作品。家族を殺された刑事という設定は前提として始まり、復讐モノになるのかと思いきや、陰謀モノ。個人的に好きな、刑事とチョイワル組織が手を組み、協力して戦おうぜ的なむ展開があったのは良かった。さらにその後ろに警察組織、黒幕と、この微妙な立場で進んでいくストーリーは見ていて面白い。徐々に真相へと迫っていく流れも良い。ただ、期待した“スタイリッシュなガンアクション映画”ではなかった。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『サブウェイ123 激突』

サブウェイ123 激突スクリーンショット

サブウェイ123 激突 原題『The Taking of Pelham 1 2 3』


午後2時、ニューヨーク地下鉄運行司令部で働くガーバーは、ペラム発1時 23分の電車「ぺラム123号」が緊急停止したことに気付く。

その電車はなぜか1両だけほかの車両と切り離されて停止していた。
胸騒ぎを覚えたガーバーが無線連絡すると、ライダーと名乗る男が人質19名の命と引き換えに、残り59分で1,000万ドルを市長に用意させるよう要求してくる。

無線を通じて彼らと粘り強い交渉を続け、警察監視の元、人質の解放と事件解決を図るが…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2009年 制作国:アメリカ 監督トニー・スコット 出演デンゼル・ワシントン ジョン・トラボルタ ジョン・タートゥーロ 時間:105分
★★★☆☆
ストーリーは人質事件モノ。とくにひねりもなくシンプル、淡々と話が進んでいく。決して面白くないことはないが、トニー・スコットというところに期待すると肩透かしを食らう感じ。デンゼル・ワシントンとトラボルタのお喋りがメインで、脇役がでしゃばって物語に影響を与えることはない。感情の描写は非常に丁寧で、緊張感はすごい。もうすこし盛り上がる何かがあってほしかった。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ウォンテッド』

ウォンテッドスクリーンショット

ウォンテッド 原題『Wanted』

平凡な会社に勤めるウェスリーはくだらない今の生活にウンザリしていた。しかし彼の運命は、セクシーで謎めいた美女との出会いによって激変する。

突如襲いかかる正体不明の暗殺者からウエスリーを守った美女“フォックス”は、ギリシャ神話の時代から、神に代わって“運命の意志”を実践してきた秘密の暗殺組織“フラタニティ”のメンバーだった。

ウェスリーは、父がその組織のトップであったことを知らされ、殺害された父の後を継ぎ王位を継承する選択を迫られる。
父を殺し、自分を襲った暗殺者への復讐を胸に、ウェスリーの過酷な訓練が始まる…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2008年 制作国:アメリカ 監督ティムール・ベクマンベトフ 出演ジェームズ・マカヴォイ アンジェリーナ・ジョリー モーガン・フリーマン 時間:110分
★★★☆☆
銃弾が曲がる…なアクション映画。特別な才能を持った1人の青年が、組織で鍛えられ暗殺集団のスペシャリストとなっていくお話。暇つぶしでテンション高めに見られる娯楽色の強い映画とまではいかず、結構重みのあるストーリー。もちろん弾道が曲がる、人がものすごいジャンプをする、などSFが盛り込まれている時点で現実味はさほどなく、ファンタジックな感じ。最近のCG技術は凄まじい。腰抜けの青年が一人前の殺し屋になっていく過程は見ていて気持ちが良く、ストーリーもどんでん返し的展開があっておもしろいが、あと味があまりよくない。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『アドレナリン:ハイ・ボルテージ』

アドレナリン2 ハイ・ボルテージスクリーンショット

アドレナリン:ハイ・ボルテージ 原題『Crank high voltage』


あれから3ヶ月…
瀕死の状態で運ばれた病院でシェブは奇跡的に命を取り止める。しかしそこで「充電しないと止まってしまう人工心臓」を移植されてしまう。またしても、極限状態に追い詰められたシェブ。

助けを求め、またしても闇医者ドク・マイルスに頼るが、とにかく電気を得る必要があるとのこと。
電流を求め、行動に出るシェブ。果たして、生き続けることはできるのか。そして、盗まれた心臓を取り返すことはできるのか…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2009年 制作国:アメリカ 監督マーク・ネヴェルダイン ブライアン・テイラー 出演ジェイソン・ステイサム エイミー・スマート ドワイト・ヨーカム 時間:96分 映倫:R-18+
★★★☆☆
今回もシンプルに“心臓を取り戻す”というストーリーだが、いろいろとヤバい。前作よりもおバカっぷりはパワーアップ。人工心臓の身体に電流を通す、という時点で真面目に見るもんではない。人をぶっ殺すなんてあたりまえ、競馬場での○○シーンはすごかった。BGMのセンスは良い。発電所のシーンは一体だれが考えたのだろうか。前作同様、テンションの高いときに「ヒャッハー!」って見ることをオススメ。
[ comment(0) │  trackback(0) ]