ポップコーンのある毎日
Twitter facebook rss rss
モッピー!お金がたまるポイントサイト
Category
Profile

 Hiro

管理人:Hiro(ヒロ)
洋画とポップコーンが大好き。

評価について

★★★★★(一覧)
人におすすめしたい傑作。

★★★★☆(一覧)
純粋に楽しめるおすすめ作品。

★★★☆☆(一覧)
ふつう。見て損はしない。

★★☆☆☆(一覧)
ちょっとおすすめできない。

★☆☆☆☆(一覧)
観ないほうがいい。


クリックお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Blog Ranking
Link










  FC2

  TSUTAYA


  Wikipedia

Form

この人とブロともになる

映画『スルース』

スルーススクリーンショット

スルース 原題『Sleuth』


ロンドン郊外にあるベストセラー推理作家アンドリュー・ワイクの邸宅に、招かれたのか、押しかけたのかティンドルが現れる。

作家が、若い男にある話を持ちかける。「妻が欲しいなら、私の提案に乗らないか?」それはひとりの女をめぐってふたりの男が、エゴとプライドをかけて挑発しあう高貴で不健全なゲームの幕開けだった…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2007年 制作国:アメリカ 監督ケネス・ブラナー 出演マイケル・ケイン ジュード・ロウ 時間:89分
★★★☆☆
世にも奇妙な物語のようなブラックジョークの効いたミステリー映画。とある豪邸の中で巻き起こる心理戦を描いている。中盤までは驚きの展開があったりして見入ってたんだけど、後半は不可解な演出が多くて理解に困った。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ラッキーナンバー7』

ラッキーナンバー7スクリーンショット

ラッキーナンバー7 原題『Lucky Number Slevin』


仕事をクビ、彼女の浮気、事件でアパートが閉鎖、と史上最悪な1日を過ごしたスレヴン。

友人ニックの家を間借りすることにした彼は、借金の取立てにやってきたギャングにニックと勘違いされマフィアの“ボス"の元に連れて行かれる。

さらに“ボス"と敵対するマフィアのトップ“ラビ"にも目を付けられ…!?度重なる“偶然"の不運。しかしそれは何者かに仕組まれた完璧なる計画だった…!?

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2006年 制作国:アメリカ 監督ポール・マクギガン 出演ジョシュ・ハートネット ブルース・ウィリス ルーシー・リュー モーガン・フリーマン 時間:111分 映倫:R-15
★★★★☆
いきなりブルース・ウィリスの語りかけから始まり、何もかも「?」な状態でしばらく話が進んでいく。とりあえずその状況を飲み込んで、見ているうちにすべてが繋がっていく。「?」だった部分が徐々に明らかにされていく感じがとても心地よい。すべてがひっくり返るようなどんでん返しではないが、「なるほど、そーいうことね」としっかり理解させてくれるのがこの映画のよいところ。アクション映画ではなくて、コメディ要素の入ったミステリー映画といった感じ。おすすめ
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『シグナル』

シグナルスクリーンショット

シグナル 原題『The Signal』

マサチューセッツ工科大学の学生ニックとジョナは、ある日、学校のPCがノーマッドという謎の人物にハッキングされているのを見つける。

ニックの恋人ヘイリーを伴いGPSでノーマッドの居場所を追っていき辿りついた廃墟を捜索していたところ、何者かに襲撃されてしまう。

気がつくと、彼らは政府の隔離施設に監禁されていた。
施設の研究員(ローレンス・フィッシュバーン)によると、彼らは何かに接触し感染したため隔離されているらしい。

昏睡状態のヘイリーとジョナの3人で施設から逃げ出そうとしたニックの身体に、異変が起こりはじめる……。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

公開年:2014年 制作国:アメリカ 監督:ウィリアム・ユーバンク 出演ブレントン・スウェイツ ローレンス・フィッシュバーン 時間:97分 映倫:G
★★★☆☆
どことなく不思議な雰囲気を漂わせていているSF映画。
コンセプトというかやりたいことの発想はすごくよくて、ゾクっとする展開が結構あったりする。表現しづらいんだけど、なんというか宇宙の果てのことを考えると夜も眠れなくなる、という感覚に似た恐怖というか、そういう妙な心理状態にさせられる感じ。それゆえ説明不足な点も多い。どうせクソB級映画なんだろ?的な構えで観てしまったからかもしれないが、映像も奇麗だし意外とよかった。でも人におすすめはしない。それとやたら一点透視図法が多い。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『セッション9』

セッション9スクリーンショット

セッション9 原題『Session9』

1871年に建てられ、かつて2,400人の患者を収容したダンバース州立精神病院。そこでは、現在は禁止されているロボトミーやショック療法といった非人間的な治療が施されていた。

1985年に閉鎖されて以来、廃墟と化したこの建物が公共施設として改修されることになり、アスベスト除去のために5人の男がやって来た。通常は2週間かかる作業ながら、彼らに与えられた時間は1週間。これを過ぎれば報酬の1万ドルは払われない。

さっそく作業を始める彼らだったが、かつて患者が受けた虐待や狂気、苦痛といった悪夢の痕跡に触れ、次第に精神が追いつめられていく……。

yahoo映画より

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

公開年:2002年 制作国:アメリカ 監督ブラッド・アンダーソン 出演デヴィッド・カルーソ ピーター・ミュラン 
映倫:R-15 時間:100分
★★★☆☆
ホラー映画として紹介されることが多いがモンスターや幽霊などは一切出てこない、ジャンルとしては一応ミステリー。とにかく恐怖心を煽る演出、不安にさせる演出が多く、ストーリー自体は一応完結するが、最後の最後まで何かこうモヤモヤが残る。俳優らの演技が上手く、どこかドキュメンタリー映画を観ているような錯覚さえ覚える。雰囲気的な怖さ、難解な怖さが好きな人におすすめの映画。若干悪霊要素ありかな。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『デッドコースター』

デッドコースタースクリーンショット

デッドコースター 原題「Final Destination 2」

あの忌々しい航空機事故から1年後。

ハイウェイ・ルート23号。トラックから崩れ落ちた丸太をきっかけに、後続の車が次々と衝突、横転、炎上と大惨事となり、ハイウェイは瞬時に地獄と化す。

奇跡的に事故を回避した8人の生存者。しかし“死”は運命を変えることはなかった。彼らは次々と想像を絶する“死”に見舞われていく…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2003年 制作国:アメリカ 監督デヴィッド・R・エリス 出演A・J・クック アリ・ラーター サラ・カーター 時間:90分 映倫:R-15
★★★★☆
前作の飛行機事故から1年、今回は高速道路での事故が悲劇の発端となっている。前作同様、ストーリーは“せまる死からどう逃げ切るのか”という所に焦点をあて、今作もミステリー作品として楽しむことができる。映画の作りが非常に丁寧で、人体損壊シーンさえもこだわりが見える。個人的にはシリーズの中で一番好きな作品。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ファイナル・デスティネーション』死のピタゴラスイッチ

ファイナル・デスティネーションスクリーンショット

ファイナル・デスティネーション 原題「Final Destination」

フランスへの修学旅行に心躍らせながら、離陸間際の飛行機に乗っていた高校生アレックス。

そのとき彼は飛行機が大爆発する悪夢を見て、そのあまりのリアルさに驚き、機内から逃げ出して、教師や友人ら6人が彼を連れ戻そうと後を追う。やがて、彼らを残して離陸した飛行機は、夢のとおり大爆発してしまった。

奇跡的に難を逃れたかに思えたが、本来死ぬ運命であった彼らにも、その後、死の運命が訪れる…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2000年 制作国:アメリカ 監督ジェームズ・ウォン 出演デヴォン・サワ アリ・ラーター ショーン・ウィリアム・スコット 時間:97分 映倫:R-15
★★★★☆
ファイナル・デスティネーションシリーズの第1作。主人公が見た予知夢により飛行機事故の犠牲となるのを免れた7人に襲いかかる悲劇を描いている。グロテスクな表現はあるが、ホラー要素は無く、「予知夢により“運命”に逆らってしまった人々」というストーリーはミステリーに近く、謎解き気分で観ることができる。ラストまで見逃せないシーンの連続で、終始ハラハラドキドキできる内容となっており、ミステリー好きならチェックしておきたい映画。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ゴーンガール』ある日突然、妻が消えた。

ゴーン・ガールスクリーンショット

ゴーン・ガール 原題「GONE GIRL」

結婚5周年の記念日。誰もがうらやむような幸せな結婚生活をおくっていたニックとエイミーの夫婦の日常が破綻する。エイミーが突然姿を消したのだ。

部屋は荒らされ、キッチンに残されたエイミーの大量の血痕から警察は他殺と失踪の両方の可能性を探る。憔悴した表情で行方のわからなくなった妻を心配する夫ニック、だが彼にも捜査の手が及び窮地に立たされる。

妻エイミーに何が起きたのか――。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2014年 制作国:アメリカ 監督デヴィッド・フィンチャー 出演ベン・アフレック ロザムンド・パイク ニール・パトリック・ハリス 時間:149分 映倫:R-15
★★★★☆
妻殺しと疑われている夫が徐々に真相に迫っていく過程は面白く、謎解きも楽しめるが、映画的娯楽さには欠ける、というのも後味がまさしく『セブン』なのである。それがフィンチャー監督だ、と言われればそれまでだが、心に妙なモヤモヤが残ってしまう結末であった。149分という長尺だが、ストーリー構成は素晴らしく、ほっと息をつく隙を与えないほど二転三転するので、長さはそれほど感じないはず。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『彼が二度愛したS』 エロティックサスペンス

entry_img_211.jpg

彼が二度愛したS 原題「Deception」

2008年 アメリカ


監督 マーセル・ランゲネッガー
出演 ヒュー・ジャックマン ユアン・マクレガー ミシェル・ウィリアムズ


ニューヨークの孤独な会計士ジョナサン(ユアン・マクレガー)は、ある日ハンサムな弁護士のワイアット(ヒュー・ジャックマン)と出会い、身分の高い人たちのためだけに存在する秘密クラブに誘われる。

そこでジョナサンは女性たちとの情事にのめり込んでいくが、そんな中ミステリアスな美女(ミシェル・ウィリアムズ)と知り合い……。

シネマトゥデイより


映画『彼が二度愛したS』 エロティックサスペンス のレビューを読む
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『パーフェクト・プラン 完全なる犯罪計画』 すべてに対して疑いを持て!

entry_img_182.jpg

パーフェクト・プラン 完全なる犯罪計画 原題「Thin Ice」

2012年 アメリカ


監督 ジル・スプレカー
出演 グレッグ・キニア アラン・アーキン ビリー・クラダップ


雪に覆われた田舎町で保険のセールスマンとして働くミッキー。
妻とは別居状態、保険セールスの成績も悪く、経済状況は最悪。所有するクレジットカードも利用停止まであと一歩まで迫っていた。

そんな中、彼は新しい顧客を獲得しようと、町はずれで暮らす孤独な老人宅を訪問。無事に住宅保険の契約を勝ち取るが、ふとしたことから老人が高額のバイオリンを所有していることを知ってしまう。

後日、ほんの出来心からバイオリンの窃盗計画を思いついたミッキーは、老人の外出中に家へ侵入。しかし、老人が保険の加入と同時に警報装置を設置していたことで、彼は一気に大ピンチに。

さらにそこへ、おせっかいな隣人が現れたことで、事態は急激に悪い方向へと転がり始めるのだった…。

Amazon.co.jpより

映画『パーフェクト・プラン 完全なる犯罪計画』 すべてに対して疑いを持て! のレビューを読む
[ comment(4) │  trackback(0) ]

映画『11:14』 世界はやっぱり狭かった

entry_img_170.jpg

11:14 原題「11:14」

2003年 アメリカ


監督 グレッグ・マルクス
出演 ヒラリー・スワンク パトリック・スウェイジ レイチェル・リー・クック


ジャックは深夜国道を車を運転中、突然車に衝撃を受ける。おそるおそる車を降り確認すると、そこには顔が潰れた男性の死体があった。

急いでトランクへ死体を隠したものの、丁度通りかかった中年女性によって警察へ通報されてしまう。
慌てて逃げるジャックだったが…。

Amazon.co.jpより

映画『11:14』 世界はやっぱり狭かった のレビューを読む
[ comment(0) │  trackback(0) ]