ポップコーンのある毎日
Twitter facebook rss rss
モッピー!お金がたまるポイントサイト
Category
Profile

 Hiro

管理人:Hiro(ヒロ)
洋画とポップコーンが大好き。

評価について

★★★★★(一覧)
人におすすめしたい傑作。

★★★★☆(一覧)
純粋に楽しめるおすすめ作品。

★★★☆☆(一覧)
ふつう。見て損はしない。

★★☆☆☆(一覧)
ちょっとおすすめできない。

★☆☆☆☆(一覧)
観ないほうがいい。


クリックお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Blog Ranking
Link










  FC2

  TSUTAYA


  Wikipedia

Form

この人とブロともになる

映画『ゴジラ』やっぱりマグロ食ってるようなのはダメだな

entry_img_205.jpg

ゴジラ 原題「Godzilla」

2014年 アメリカ


監督 ギャレス・エドワーズ
出演 アーロン・テイラー=ジョンソン 渡辺謙 エリザベス・オルセン


1999年、日本。原子力発電所で働くジョー(ブライアン・クランストン)は、突如として発生した異様な振動に危険を感じて運転停止を決意。だが、振動は激しさを増して発電所は崩壊し、一緒に働いていた妻サンドラ(ジュリエット・ビノシュ)を亡くしてしまう。

それから15年後、アメリカ軍爆発物処理班の隊員である、ジョーの息子フォード(アーロン・テイラー=ジョンソン)は、日本で暮らす父を訪ねる。原発崩壊事故の原因を調べようと侵入禁止区域に足を踏み入れた二人は、そこで思いも寄らぬ光景を目にする。

シネマトゥデイより

映画『ゴジラ』やっぱりマグロ食ってるようなのはダメだな のレビューを読む
[ comment(1) │  trackback(1) ]

映画『モンスターズ/地球外生命体』 ゴジラ(2014)を観る前に

entry_img_200.jpg

モンスターズ/地球外生命体 原題「Monsters」

2010年 イギリス


監督 ギャレス・エドワーズ
出演 スクート・マクネイリー ホイットニー・エイブル


地球外生命体のサンプルを採取したNASAの探査機が、大気圏突入時にメキシコ上空で大破。その直後からナゾの生物が増殖し、メキシコの半分が危険地帯として隔離される。

6年後、メキシコでスクープを狙うカメラマンのコールダーは、上司から現地でケガをした社長令嬢ワインデンをアメリカ国境まで送り届けろとの命を受ける。

Wikipediaより

映画『モンスターズ/地球外生命体』 ゴジラ(2014)を観る前に のレビューを読む
[ comment(2) │  trackback(0) ]

映画『遊星からの物体X ファーストコンタクト』 汚物は消毒だー!

entry_img_165.jpg

遊星からの物体X ファーストコンタクト 原題「The Thing」

2011年 アメリカ


監督 マシーズ・ヴァン・ヘイニンゲン・Jr.
出演 メアリー・エリザベス・ウィンステッド ジョエル・エドガートン ウルリク・トムセン


どこまでも雪と氷が広がる南極大陸。

考古生物学者ケイトは、氷の中で発見された、太古の昔に死んだと思われる生命体の調査のため、ノルウェー観測隊の基地へと降り立った。

しかし、“それ"は、まだ生きていた。

調査の中、ケイトたちが解き放った物体は、狙いをつけた生物の体内に侵入、細胞を同化して、その生物になりすまし、自らの生存のため人間同士を争わせようとする宇宙からの生命体だったのだ…。

Amazon.co.jpより

映画『遊星からの物体X ファーストコンタクト』 汚物は消毒だー! のレビューを読む
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画 『キャビン』  予想を超える展開に驚き

キャビン

キャビン 原題「The Cabin in the Woods」

2012年 アメリカ

監督 ドリュー・ゴダード
出演 クリステン・コノリー クリス・ヘムズワース フラン・クランツ

夏休みに山奥へとバカンスへ出かけた大学生5人。古ぼけた山小屋の地下で見つけた謎の日記を読んだ時、何者かが目覚め、一人、また一人と殺されていく。

しかし、その裏に若者たちが「定番のシナリオ通り」死んでいくよう、すべてをコントロールしている謎の組織があった。その組織の目的は? 若者たちの運命は―? その先には、世界を揺るがす秘密が隠されていた…。

Amazon.co.jpより

詳細とレビューは下の「続きを読む」をクリック 映画 『キャビン』  予想を超える展開に驚き のレビューを読む
[ comment(1) │  trackback(7) ]

映画『インシディアス』 怖いのはそう、音!


インシディアス

インシディアス 原題「Insidious」

2011年 アメリカ

監督 ジェームズ・ワン
出演 パトリック・ウィルソン ローズ・バーン タイ・シンプキンス

ルネと夫のジョシュは3人の子供たちと共に新居に引っ越してくる。ところが、引越し後間もなく、おかしな現象が起き始める。屋根裏から不審な音、勝手に配置が変わる物、赤ちゃん用のモニターから聞こえてくる謎の声。

そんな時、小学生の息子ダルトンがはしごから落ちて昏睡状態に陥ってしまう。家族はすぐにこの家から引っ越すが、既に見えない“何か”は家でなくジョシュたち家族を狙っていた・・・。

原因不明の昏睡状態のダルトンに医者もお手上げ状態に。霊媒師や牧師まで呼び出しルネとジョシュはあらゆる手を尽くしてみるが、状況は悪化の途をたどるばかりだった。

“何か”は着実に彼ら一家に近づきつつあった。”何か“の狙いとはいったい・・・?

Amazon.co.jpより

詳細とレビューは下の「続きを読む」をクリック 映画『インシディアス』 怖いのはそう、音! のレビューを読む
[ comment(0) │  trackback(0) ]

【映画】 ピラニア リターンズ

ピラニア リターンズ

ピラニア リターンズ 原題「Piranha 3DD」

2012年 アメリカ

監督 ジョン・ギャラガー
出演 ダニエル・パナベイカー マット・ブッシュ ヴィング・レイムス

古代ピラニアたちがスプリング・ブレイクを襲ってから1年後。湖は封鎖され、血に飢えたヤツらは新しい住処を探して旅立ち、新たにオープンするウォーター・パーク“ビッグ・ウェット"へと辿り着く。

そこは、能天気な若者たちが集うべく新設されたエッチな仕掛け満載のプールだった。
オープンを迎えた当日、そんな事を知るはずもなく、多くの来場者が訪れた時、前作を凌ぐ惨劇が待ち構えていた…

Amazon.co.jpより

詳細とレビューは下の「続きを読む」をクリック 【映画】 ピラニア リターンズ のレビューを読む
[ comment(0) │  trackback(0) ]

【映画】 グレイヴ・エンカウンターズ

グレイヴ・エンカウンターズ

グレイヴ・エンカウンターズ 原題「Grave Encounters」

2011年 アメリカ

監督 ザ・ヴィシャス・ブラザーズ
出演 ショーン・ロジャーソン アシュリー・グリスコ フアン・リーディンガー

心霊番組プロデューサーのランスは、超常現象などは全く信じておらず、番組出演者もニセモノただのヤラセ番組だった。
しかし、もっともらしい映像が撮れればいいと踏み込んだ廃墟と化した精神病院で、事態は急転する。

Amazon.co.jpより

詳細とレビューは下の「続きを読む」をクリック 【映画】 グレイヴ・エンカウンターズ のレビューを読む
[ comment(6) │  trackback(0) ]

【映画】 クローバーフィールド/HAKAISHA

クローバーフィールドHAKAISHA

クローバーフィールド HAKAISHA 原題「Cloverfield」

2008年 アメリカ

監督 マット・リーヴス 製作 J・J・エイブラムス
出演 マイケル・スタール=デヴィッド マイク・ヴォーゲル オデット・ユーストマン

ニューヨークのとあるアパートで、日本への転勤が決まった青年ロブ(マイケル・スタール=デヴィッド)の送別パーティーの最中、突然正体不明の何かが出現して自由の女神を破壊し街はパニックになる。

軍隊も出動して戦闘状態の中、恋人から電話で助けを求められたロブは友人たちとともに救出に向かう。

Amazon.co.jpより

自由の女神さんどうしたんすか!?

詳細とレビューは下の「続きを読む」をクリック 【映画】 クローバーフィールド/HAKAISHA のレビューを読む
[ comment(4) │  trackback(1) ]

【映画】 ピラニア3D

ピラニア3D

ピラニア3D 原題「Piranha 3D」

2010年 アメリカ

監督 アレクサンドル・アジャ
出演 エリザベス・シュー アダム・スコット ジェリー・オコンネル

アメリカ南西部、ビクトリア湖畔では春シーズン恒例のイベントで盛り上がっていた。
そんな中、湖底で大規模な地割れが発生し、裂け目から何千匹ものピラニアが湧き出る。それは200万年前に絶滅したはずの凶暴な太古のピラニアだった。

何も知らない若者たちは一人また一人と餌食になっていく…

Amazon.co.jpより

凶暴なピラニアが人々を襲う!話題のゴアゴアパニックスリラー!

詳細とレビューは下の「続きを読む」をクリック 【映画】 ピラニア3D のレビューを読む
[ comment(0) │  trackback(0) ]