ポップコーンのある毎日
Twitter facebook rss rss
モッピー!お金がたまるポイントサイト
Category
Profile

 Hiro

管理人:Hiro(ヒロ)
洋画とポップコーンが大好き。

評価について

★★★★★(一覧)
人におすすめしたい傑作。

★★★★☆(一覧)
純粋に楽しめるおすすめ作品。

★★★☆☆(一覧)
ふつう。見て損はしない。

★★☆☆☆(一覧)
ちょっとおすすめできない。

★☆☆☆☆(一覧)
観ないほうがいい。


クリックお願いします
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Blog Ranking
Link










  FC2

  TSUTAYA


  Wikipedia

Form

この人とブロともになる

映画『イットフォローズ』新感覚ホラー

イットフォローズスクリーンショット

イットフォローズ 原題『IT Follows』


19歳のジェイは男と一夜をともにするが、その後、男が豹変。

縛り付けられたジェイは「“それ”に殺される前に誰かにうつせ」と命令される。“それ”は人にうつすことができる。“それ”はうつされた者にしか見えない。“それ”はゆっくりと歩いて近づいてくる。“それ”はうつし相手が死んだら自分に戻ってくる。そして、“それ”に捕まったら必ず死が待っている。

果たしてジェイは、いつ、どこで現れるかわからない“それ”の恐怖から逃げきることが出来るのかー。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2014年 制作国:アメリカ 監督デヴィッド・ロバート・ミッチェル 出演マイカ・モンロー キーア・ギルクリスト ダニエル・ゾバット 時間:100分 映倫:R-15
★★☆☆☆
自分にしか見えない“それ”が近づいてくる。それ自体はものすごく怖くて、遠くの方からゆっくり歩いてくる“それ”は今までになかった感覚の怖さがある。でもその“それ”の設定がイマイチで、「他の人には見えない」けど、物理的な当たり判定はある模様、見えないけど応戦もできる、あれ?これただの透明人間じゃない?というよからぬ煽り文が頭に浮かぶ。ホラー映画特有のイライラ挙動も残念ながらてんこ盛り。斬新なシチュエーションという意味では良い、それくらい。無駄に深読みして個人的な思想を広げる人には良い映画に思えるかもしれない。ただ、BGMはすごく良い。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『スケルトン・キー』ここから出してくれ

スケルトン・キースクリーンショット

スケルトン・キー 原題『THE SKELETON KEY』


ルイジアナ州ニューオリンズ。看護士のキャロラインは、老婦人のヴァイオレットと脳梗塞で全く身動き出来ない夫のベンが住んでいる古い屋敷に住み込みで働くことになった。その屋敷には鏡が一つもなく、至る所に魔よけのレンガ屑が撒いてある。

働き始めて間もなく、バイオレットから全ての部屋を開けられる合鍵を預かるキャロライン。そしてある日、彼女はその鍵でも開けられない部屋を発見する。そこから、土地に伝わる古呪術“フードゥー”の存在と、昔この家で起こった惨劇を知らされるのだが…。

allcinemaより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2005年 制作国:アメリカ 監督イアン・ソフトリー 出演ケイト・ハドソン ジーナ・ローランズ ピーター・サースガード 時間:104分
★★★★☆
音なんかで驚かせる演出はあれど、真の怖さはそこじゃなかった。まさかの結末で、見ている中で不可解だったところが頭の中で繋がっていく。呪文が絡んでくるので、それありきのどんでん返しではあるが、この手の映画に肥えた人間でもきっと驚くことができるはず。細かい伏線が散りばめられていて、鑑賞後に所々見返すのも面白い。後味は良くないんだけど、エンドロールに流れるBGMがやけに和やかで、それに少し救われた。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ジェイコブス・ラダー』

ジェイコブス・ラダースクリーンショット

ジェイコブス・ラダー 原題『Jacob's Ladder』


ニューヨークの郵便局員であるジェイコブは最近夢と現実の区別がつかなくなるほど奇妙な出来事に遭遇していた。

疾走する地下鉄に乗る得体の知れない人々。掛かりつけの医者の死亡。自分を轢き殺そうとした車に乗る異様な人物。そしてベトナムの悪夢や幻覚までもが見え始め、その勢いは加速度的に、日々度合いを増すばかりだった。

そんな時、ベトナム時代の戦友から電話が入るが相手は何かに怯えているような様子だった……。

allcinemaより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:1990年 制作国:アメリカ 監督エイドリアン・ライン 出演ティム・ロビンス エリザベス・ペーニャ ダニー・アイエロ 時間:116分
★★★★☆
ベトナム帰還兵の苦悩を描いたお話。次々と巻き起こる不可思議な現象、主人公を襲う不可思議な症状、一体どういうことなんだろうとドキドキしながら見られる映画で、終盤まではすごく浸ってたんだけど、結末がちょっとすっきりしない。謎解きを楽しむ映画かと思っていたのだけど、どうやら根本からそういうコンセプトのもと作られていなくて、人間が創造する精神世界だとか走馬灯だとかを、メッセージ性を込めて映像にしている、そんな感じ。映画のジャンルがミステリーではなくホラーだったので不思議に思ったんだけど、鑑賞後はその意味がわかった気がした。個人的にこの時代の雰囲気がすき。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ホステル』拷問ホラー

ホステルスクリーンショット

ホステル 原題『Hostel』


バックパッカーをしながらヨーロッパ各地を旅行している大学生パクストンとジョッシュ。ある時、とある田舎町に男たちの求める快楽をすべて提供する<ホステル>があるとの噂を耳にする。

早速そこへ向かった彼らは、その<ホステル>にたどり着き、期待以上の夢心地のひとときを過ごすのだが・・・。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2005年 制作国:アメリカ 監督イーライ・ロス 出演ジェイ・ヘルナンデス デレク・リチャードソン エイゾール・グジョンソン 時間:94分 映倫:R-18
★★★★☆
東欧へやってきたアメリカ人大学生。女遊びができると聞きつけ訪れたホステルで羽目を外し、気がついた時には…。という流れ。映画前半は目を見開くようにオパイを堪能し、後半は目を塞ぎたくなるようなグロを見る。すごく単純なんだけど、東欧の雰囲気なんかと相まって、ものすごい狂気を感じる。視覚的なグロさはもちろんだが、それ以上に“拷問”ということもあって為す術もなく登場人物が「ぎゃあ」とか「う゛ぁぁあ」って叫ぶ。そういう精神的ホラーの一面もあるのよね。目をバーナーで…。うあああ。おすすめ。

[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ホステル2』

ホステル2スクリーンショット

ホステル2 原題『Hostel: Part II』


ローマに留学しているアメリカ人女子大生ベス、ホイットニー、ローナの3人は旅行を計画しプラハへ向かう。しかし、行きの列車の中で天然のスパの情報を聞きスロバキアへ行くことにする。

街のホステルに到着した3人はその日の夜、収穫祭に参加したもののローナが男性に誘われボートに乗り込んでしまう。翌朝になってもローナは帰ってこない。3人は自分達がホステルへ到着した時点でオークションにかけられていることなど知るはずもなかった。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2007年 制作国:アメリカ 監督イーライ・ロス 出演:ローレン・ジャーマン ロジャー・バート
ビジュー・フィリップス 時間:95分 映倫:R-18
★★★☆☆
今回はアメリカ人女子学生3人が餌食となる。前作の“拷問の場を提供するビジネス”を、組織の側からも描いているのが特徴。その分、目に見えないところへの恐怖というのは無くなった。今作もゴア表現はあれど、パワーアップはしていない。相変わらず痛々しいけど。純粋なスプラッターではなく、ミステリー要素も盛り込んだ感じ。シリーズの1作ではなく、また別のB級映画として考えると、わりとアリかも。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『ホステル3』

ホステル3スクリーンショット

ホステル3 原題『Hostel: Part III』


主人公の結婚前の“独身さよならパーティ”として、カーターら男友達4人はラスベガスで落ち合う。 彼らがギャンブルを楽しんでいる最中、セクシーな女性2人に誘われ、カーターら4人は現地のタクシーで、あるプライベート・パーティに参加する。

パーティで行方不明になったマイクに会うためホステルへ向かうと拉致されたどり着いた先が、人が人を拷問し殺すことが出来る、会員制の“エリート・ハンティング・クラブ”だったー。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2011年 制作国:アメリカ 監督:スコット・スピーゲル 出演キップ・パルデュー ブライアン・ハリセイ
ジョン・ヘンズリー 時間:88分 映倫:R-18
★★☆☆☆
映画全体の作りや雰囲気が大きく変わった。今回はラスベガスにやって来た青年達がターゲットとなる。まあとにかく色々と安っぽい。怖くもない。残虐性、暴力描写が強烈になるかと期待したが、そんなこともない。後半はアクション映画のようで、なおかつ予想外の展開があったりと、これはあの「ホステル」の続編なのか?と、何を見ているのかわからなくなるような内容。でも意外とラストはすっきり。おすすめはしない。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『道化死てるぜ!』ピエロの復讐

道化死てるぜ!スクリーンショット

道化死てるぜ! 原題『STITCHES』

リチャード・グリンドルは、ワンパターンで退屈な、子供たちの誕生日パーティーでの道化師仕事にうんざりしていた。今日も、トミー少年とやらの誕生日パーティーのお仕事だ。

道化師のつまらない芸に、落ち着きのない子供たちは芸の邪魔をして大喜び。子供たちのいたずらはエスカレートし、それが原因で道化師は不慮の事故で絶命してしまう。

6年後。彼らは成長し、反抗的な少年たちに育っていた。あの忌まわしい事故以来となる、トミーの16歳の誕生パーティーを準備中だ。 パーティーが始まり、唯一の招かれざる客、道化師グリンドルが姿を現す。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

公開年:2012年 制作国:アイルランド 監督:コナー・マクマーン 出演:ロス・ノーブル トミー・ナイト ジェマ・デヴェロー 時間:86分 映倫:R-18
★★☆☆☆
悪ガキに誤って殺されてしまったピエロが、生き返って復讐するお話。
R指定だしスプラッター目当てで観たんだけど、何というかただただ汚い。ピエロのキャラを生かした殺し方はサイコキラーの中では個性的でバラエティ豊かだけど、特に目新しいものでもなく拍子抜け。変に期待しすぎたかな。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『アザーズ』不気味という言葉がふさわしいお屋敷

アザーズスクリーンショット

アザーズ 原題『The Others』


1945年、第二次世界大戦の終わり頃のチャネル諸島のジャージー島が舞台。グレースは色素性乾皮症を患う娘アンと息子ニコラスと共に広大な屋敷で暮らしていた。夫は出征したまま帰ってこず、不安な日々を送る家族の元に、3人の使用人が現れる。それを境に、屋敷で不可解な現象が次々と起き始める。

wikipediaより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2001年 制作国:スペイン アメリカ 監督アレハンドロ・アメナーバル 出演ニコール・キッドマン フィオヌラ・フラナガン クリストファー・エクルストン 時間:104分
★★★★☆
ホラー映画だが心霊演出やグロテスクな表現のない、不可解で心理的な恐怖を味わえることで知られるホラー映画。
個人的にそこまで怖いという感覚は無かったが、ラストの展開になるほどなあと関心させられた。ミステリーとしても楽しめる作品。
[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『武器人間』R-15

武器人間スクリーンショット

武器人間 原題『Frankenstein's Army』


1945年、第二次世界大戦末期の東部戦線。ソ連の偵察部隊がある任務を帯び、ドイツの占領地域に足を踏み入れた。

やがて古い教会を見つけた部隊は、そこで何者かによる大虐殺が行われた形跡を目撃する。さらにその建物の地下には迷路のような通路が張り巡らされ、広大な研究室が隠されていた。

その研究室こそ、フランケンシュタイン博士の末裔が、死体と機械を合成し、不死身の改造人間を製造している大量破壊兵器工場だった…。

Amazon.co.jpより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2013年 制作国:オランダ アメリカ 監督:リチャード・ラーフォースト 出演カレル・ローデン ジョシュア・ザッセ ロバート・グウィリム 時間:84分 映倫:R-18
★★★★☆
第二次大戦末期にソ連偵察部隊が記録した恐るべきナチスの実験という設定で、一応全編POV方式、モキュメンタリーの部類になるのかな。序盤からなんとも不気味だけど、それゆえのワクワク感で意外とすんなり入り込めた。
実験施設内は狂気に満ちていてもうホントに正気の沙汰じゃない。
CGに頼らない“武器人間”たちの造形は、若干安っぽさを感じるが逆にそれが雰囲気を引き立てているというか、80年代のゾンビ映画が妙にリアルに思える感覚とよく似ている。逃げ場の限られた狭い通路で殺す気満々に襲ってくる武器人間たちは恐すぎて背筋が凍りつくレベル。B級映画だけど、この手のジャンルにしては完成度の高い一作だった。

[ comment(0) │  trackback(0) ]

映画『NY心霊捜査官』

NY心霊捜査官PDVD_002_20150828163524a23.jpg

NY心霊捜査官 原題「Deliver Us from Evil」

ニューヨーク市警のラルフ(エリック・バナ)は、何かにとりつかれたかのように不可解な事件を起こした男女を逮捕する。

全く別物に思われた複数の事件の捜査を通し、彼は自分にしか見えない、自分にしか聞こえない何者かの存在を感じていた。

それぞれの現場に残された謎の言葉を見つけ事件が悪霊の仕業であると気付いたとき、ラルフの家族にも魔の手が迫り……。

シネマトゥデイより

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
公開年:2014年 制作国:アメリカ 監督スコット・デリクソン 出演エリック・バナ エドガー・ラミレス オリヴィア・マン 時間:118分 映倫:R-18
★★★★☆
実在する元NY市警巡査部長のラルフ・サーキが書いた手記を原作とした映画。
日本でこういう悪魔や悪魔祓い(エクソシスト)の話は馴染みがないが、本作は宗教がらみの“難しい話”は無く、主人公サーキを中心に起こる超常現象を基に、わかりやすいストーリー展開、それでいて中々見応えのある内容に仕上げている。ジェリー・ブラッカイマー制作だが原作が原作なので、娯楽色は強くない。悪魔祓いのシーンは見もの。
ラルフ・サーキ氏 ドキュメンタリー映像
[ comment(0) │  trackback(0) ]